« ウイシュヌの化身前後の古代史 | トップページ | 2016年7月 インドネシア投資環境トピックス »

2016年8月16日 (火)

ムルデカ・チムールの国立美術館

Galnas_tri_aug16
(Galeri Nasional:Galnas)で大統領宮殿の絵画展をやっているが、2度も行って無駄足だったので撮った看板写真で我慢しよう。一度は土曜日であったがまず観覧のためのレジスターに長蛇の列、そのあと入館人数制限もあり、何時間か待つようだったので諦め、次の平日は早め開始、遅め終了の昼休みにぶつかりアウトだった訳なので電話で確かめるのが良いだろう。一番良いのは8月21日と28日のGallery Tour(10時と15時)に参加することだと思う。


Nasional_galeri_aug16_4_tri

それほど感銘を受けた絵画はないが、その後家で昭和17年発行の蘭領印度史を読んでいた本の口絵にこの写真と遭遇したものであるが、説明はボロブドール寺院建設当時のジャワの農村生活想像図とあっただけである。 史実に近い想像図なら同じ感興を共有してみるのもいい。


|

« ウイシュヌの化身前後の古代史 | トップページ | 2016年7月 インドネシア投資環境トピックス »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウイシュヌの化身前後の古代史 | トップページ | 2016年7月 インドネシア投資環境トピックス »