« コーヒーの伝来とAroma Nusantara | トップページ | インドネシアのリオ五輪 »

2016年8月23日 (火)

カフェ・バタヴィア

アロマ・ヌサンタラはカフェ・バタヴィアの裏手左にある。カフェ・バタヴィアはとっくにブログしていると思ったら見当たらない。


00_kafe_batavia_aug_16_3

ここはファタヒラーに観光に行くときはほとんどの人が寄るレストランだと思う。建物自体は古く1837年築でVOC(そのころはもうないはずだが)の事務所だったという。200年近くなるが、そうは見えない。そういえば1980年代だったここはファタか覗いたら昔の耕具みたいなものが埃をかぶっていた記憶がある。


00_cafe_batavia_nov06tr

そう、レストランはそんなに古くなく1991年にEka Chandraがこの建物を購入しリノベして1993年にレストランをオープンした。そのときここと歴史博物館が地かでつながっていたのかトンネルがあり人骨が出てきたなどという話だ。

00_cafe_batavia_toilet_nov06


このレストランの内部の造作は洒落ており、あちこち、便所の内部まで古い欧米の写真が飾られていたり、2階の大きなバーはすぐ座りたくなる魅力があった。1階も昔朝までテントと蝋燭で楽しめる仕組みもあった。得意料理はAvocado dome, tucsan bread, red capsicum coulis, lobster thermidor, Australian beef tenderloin medallion topped with melted cheddarらしいが値段は結構高い


|

« コーヒーの伝来とAroma Nusantara | トップページ | インドネシアのリオ五輪 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コーヒーの伝来とAroma Nusantara | トップページ | インドネシアのリオ五輪 »