« ウェスティン ラスナ | トップページ | Nieuhofの三方得かYatim Paiatu »

2016年9月13日 (火)

2016年8月 インドネシア投資環境トピックス

ラマダン・レバランもあり低調な7月トピックスの継続
財政苦衷:2017年予算削減、歳入1,737.6兆ルピア、赤字はGDP比2.41%。、地方交付金19兆ルピアの拠出延期、願いはアムネスティ:鞭でも国内資産も掘り起こし、50.6兆と海外資産の6.9兆を上回る。
テロ厳戒:ロケット弾計画の6人をバタムで逮捕、サリーナ前テロ犯と同じ系列、ポソでISウイグル人射殺

企業ニュースは
8/18 三井物産、日本郵船などの新コンテナターミナル稼働、年取扱容量150万
8/22 クラカタウ・スチール、チレゴンで第2工場起工、投資4.6億ドル。
8/22 三菱ロジスティックス・インドネシア、MM2100内に配送センター建設へ。
明るいニュースも
8/4  Q2のGDP成長率:前期比4.02%、前年同期比5.18%。
8/6  7月末の外貨準備高1,114億ドル、前月比16.2億ドル増。
8/8  土地建物譲渡所得 ファイナル税率引き下げ 5%を2.5%、収用はゼロ
8/9  法人税率、現行25%を17%に引き下げ方針、来年にもと大統領。
8/19 BI、今年は経済成長予測を下方修正、4.9~5.3%に。来年は5.3%(予算)。
8/19 BIレートに代えてBI 7-day Reverse Repo Rate導入、5.25%。
8/22 能力ある労働者の増加目指し職業訓練所再生計画:労相。
8/24 経済政策第13弾発表:住宅建設の許認可簡素化など、100万戸開発を後押し。

|

« ウェスティン ラスナ | トップページ | Nieuhofの三方得かYatim Paiatu »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウェスティン ラスナ | トップページ | Nieuhofの三方得かYatim Paiatu »