« Nieuhofの三方得かYatim Paiatu | トップページ | ある 大手商社の女性幹部 »

2016年9月15日 (木)

GKTグレジャ・トアはビルの2階に


00_fachruddin

昔、ホテル・ミレニアムの前にある建物は古い建物で何かあるのだろうと思っていたが、そのうち数年前から取り壊し、建設が始まったが隣はシナールマス故、

00_fachruddin_depan


保存面での安心はあったのであるが、モダーンな中型ビルになってしまった。一抹の望みを抱いて調べてみると取り壊し前は教会であり、今教会自体はこのビルの2階にあるようだ。この教会はプロテスタントのGKT(Greja Kristus Tuhan)である。GKTはマランが本部で広東メインの華僑が盛り立ててきたようだ。建物自体は1920年代で建築でスハルト時代に隣のトリプル・デッカー道路建設にも配慮してもらったものである。正面に玄関があるが以前は、チデン運河が流れる横であった。GKTは生き残ったが昔の建物はこの写真のみである。

|

« Nieuhofの三方得かYatim Paiatu | トップページ | ある 大手商社の女性幹部 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Nieuhofの三方得かYatim Paiatu | トップページ | ある 大手商社の女性幹部 »