« ソニーの失敗で旨いエスカルゴ | トップページ | 行徳物語5 田舎にも古い寺 »

2016年9月 6日 (火)

ジャカルタ地下鉄構内


00_hi

ジャカルタの地下鉄建設が進んでいるが、MRTの駅の乗り降り乗客の混雑を防ぐため駅と周辺ビルとの接続を図っていくとして32のビルのオーナーとMOUを交わしている。ビルオーナーは通路の整備はf自己負担だが土地は提供されあるいは保有面積は増える仕組みである。


00_mrt_dukuh_atas


すでに地下は7~8割進捗しているようであるが、稼働は2019年はじめとしている。13駅は地下駅が
Bundaran HI, Dukuh Atas, Setiabudi, Bendungan Hilir, Istora, dan Senayan. 地上駅がSisingamangaraja, Blok M, Blok A, Cipete, Haji Nawi, Fatwamawi, Lebak Bulusの7駅である。進捗状況はTweeterでmrtjakartaでわかる。


|

« ソニーの失敗で旨いエスカルゴ | トップページ | 行徳物語5 田舎にも古い寺 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソニーの失敗で旨いエスカルゴ | トップページ | 行徳物語5 田舎にも古い寺 »