« ロイ・エイカフ カントリー王 | トップページ | 開放して欲しいガイセルズの傑作 »

2016年10月31日 (月)

止められない2度とない旨さKhong Guan

00khonguan

昔、撮った建物の写真に何だろうかと保存したままになったものがあり、思い立ち調べるとそれはシンガポール出のビスケット菓子のブランドであった。シンガポール出イクオール 中国菓子だから スーパーなどで売っているのは見掛けたことがあったような気がしたが、昔から中国菓子は古くても販売しているのでめったに手に取ることはないから知らないままになっていたのであろう。

Kongguan
しかしインドネシアでは1970年から知られたレバラン手土産として伝統的なものに育っていてCMモットーも「Tak Asing Lagi dan Tak Ada Duanya.」というものだ。今はWaferなどもある。最初の工場は戦後まもなくマレーシアでスタート、その後インドネシア、タイ、フイリピンであったが更に中国にも進出、日本、豪州、カナダ、アメリカなど40ケ国の市場で見られるそうだ。建物はJalan Wahid Hasymにある。タイトル通りかはまずは食べなきゃ話にはならない。


|

« ロイ・エイカフ カントリー王 | トップページ | 開放して欲しいガイセルズの傑作 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロイ・エイカフ カントリー王 | トップページ | 開放して欲しいガイセルズの傑作 »