« 9月投資環境トピックス:いろいろインドネシア | トップページ | カイシエポ Biak  Rp10,000 »

2016年10月11日 (火)

Johannes, NTT,100ルピアへ

Radiocaraprofjohannesmelawanpropaga


予定新コインのRp100の画像に選ばれたのがHerman Johannessである。写真はこれしかない。報道の紹介には元公共事業相(1950年~1951年)とのみ紹介されている。1950年とは独立戦後のハーグ円卓会議で成立したインドネシア連邦を経て同年8月には統一共和国憲法が出来ているので、これは初代のナッシール内閣である。野党となった国民党との亀裂から短期倒閣となった。その後古巣の学業に戻りUGMの教授・Rektorなど勤め66年から1979年までは高等教育調整官(Koperti)となり、同時に1968年から1978年迄最高諮問会議のメンバーでもあった。
古巣と書いたがこの時代は独立戦争の真っただ中であり、学生共々戦地に立っており、1946年最初の命令は爆薬ラボの責任者から始まり、1948年のスハルトのジョクジャの6時間占領劇には要地の橋梁爆破作戦に従事し、後にゲリラ勲章を受勲している。 彼は1912年にNTTで生まれELS、MULO、AMSを経て1934年THSで化学分野を専攻し、練炭原料の代替物としてバイオマスの研究に従事していたことが軍部やその後の学問に参加したバックグラウンドであろう。2009年に遅ればせながら国家英雄に叙された。 以上であるが一言で表わすのに短期内閣の公共事業大臣はないと思うし 最小単位の100ルピアでは出身地のNTTが怒るだろうし落ちてても踏みしゃぐことはあっても拾われないコインに人物が描く必要があるのであろうか。国家英雄が印像されておればインドネシア人もコインをもっと大事にするよう願っての事であろうか。

|

« 9月投資環境トピックス:いろいろインドネシア | トップページ | カイシエポ Biak  Rp10,000 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 9月投資環境トピックス:いろいろインドネシア | トップページ | カイシエポ Biak  Rp10,000 »