« ヘッジ新商品 と 金融商品の会計原則 | トップページ | 18世紀のサヴ島 »

2016年10月26日 (水)

Gedung Sate

00_gedung_sate


Sutardjoの請願のSutardjo Kartohadikusumo.が西ジャワ州知事として勤務した事務所はGedung Sateである。サテ(串焼)の形をしたとあだ名がついたこの建物は今も州事務所である。

00_gedung_sate_pesta
数年前の独立記念日にここを訪問した時は市民の大きなイベントをやっていたが、1920年代に建てられた建物は微動だに変わらない。設計はJ.Gerberでヌサンタラの伝統美を取り入れる巨匠Berlageの影響をうけている。パゴダやボロブドールとイタリアルネサンスの混合美だとして多くの賛美を得ている。独立戦争時にオランダとの争奪戦があり、ここでインドネシア青年7人の命が散ったと庭のモニュメントが伝えている。


|

« ヘッジ新商品 と 金融商品の会計原則 | トップページ | 18世紀のサヴ島 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘッジ新商品 と 金融商品の会計原則 | トップページ | 18世紀のサヴ島 »