« Mercu Buana大学 | トップページ | ジャカルタ オクトーバーフェスト »

2016年10月 6日 (木)

スタルジョの請願

1,000ルピア・コインに彫像されるケトット・プジャが最初の小スンダ州知事であったが、小スンダはバリからチモールに至る諸島である。時に、ジャカルタ首都(スウィルヨ)を別格とすると8つの州(省)の順番の筆頭は西ジャワであり、最初の西ジャワ知事はスタルジョ・カルトハディクスモである。フルで名前を読むと初めての人のように思えるが、「スタルジョの請願」と言えば思い出す人は思い出す。

Volksraad_2
日本のファッシズムの軍靴が聞こえて来る頃、オランダとの協調を模索する穏健派が民族運動の中心を占める時代の1936年、オランダに対してオランダの憲法の枠内での自治を請願する文書を作ったのがスタルジョなのである。このウイルへルミナ女王宛の文書に対する回答は長くかかり最後38年になって拒否された。オランダに失望したタムリンは日本に接近すると思われオランダに逮捕され数日を置かず不可解な死と遂げた。1892年ジャワ・テンガー生まれレのスタルジョは50年迄KNIPの委員長やスカルノの最高諮問会議(DPA)総裁となっているが、その後、亡くなる1976年までの奉職はない。

|

« Mercu Buana大学 | トップページ | ジャカルタ オクトーバーフェスト »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Mercu Buana大学 | トップページ | ジャカルタ オクトーバーフェスト »