« 3回の偶然のHermitage/Telepoongebouw | トップページ | 去りゆくバハルディン »

2016年12月16日 (金)

3回目のJasindo

Jasindo_fatahilah

ファタヒラーのAsuransi Jasa Indonesiaの建物については広場のカフェ・バタヴィアの横の建物が本命であるが、この建物はオランダからの接収資産でオランダ時代はWest Java Handels Maatschappijが保有していた。昔の建物には現在のGedung Jasindoと表示されている同じ場所の正面壁に何やら記されている。よく見るとWEJAとしか読めないのでやはりWest Javaだろうか。横壁には判読するとフルネームが表示されている。設計は AA Fermont and Cuypers Bureauでマーキュリーと言われる同じ3階建ての隣のビルと完工したのはJan H. Vromansで1912年である。
WEJAは商社であるのでこの商社をJasindoが接収したのではなくJasindoの源流はやはりオランダの保険会社である。


|

« 3回の偶然のHermitage/Telepoongebouw | トップページ | 去りゆくバハルディン »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3回の偶然のHermitage/Telepoongebouw | トップページ | 去りゆくバハルディン »