« 動乱のインドネシア語 | トップページ | Cipto Mangunkusumo »

2016年12月 7日 (水)

LRTの状況

ジャカルタ新路面電車LRT(Light Rail Transit)のニュースを見ていたのでその報道の工事現場の所に行ってみた。

00_lrt_b


ここはプロマス・競馬場ゴルフに行くとき何度か利用したこともあるのでついでにそのゴルフ場を見るのも目的であった。LRTとは日本には殆どないというか補助・ローカル的で且つそのような表現でもないのでなじみはないが元々やり掛けのモノレールを利用しようとする発想からであるので軽量・短駆電車であろうか。全体の計画(6~7路線)は夢もあり、主体がDKIとAdhi Karyaと分かれている部分もあり、内、現今のニュースはAdhi Karyaが行う路線(Kelapa Gading-Bogor)である。 


Jalur_lrt
全体計画路線図にはこの線は書かれていない状況で全体的把握は困難であるがこの第1路線のFase 1はK.Gadingから Velodrome迄である。Velodromeとは自転車競技の事でここに大きな競技場やスポーツセンターがある。見たところこの路線フェーズIは完全に土地は確保され工事用の塀が張り巡らされていて早期の完工は想像できる。
又中間のPuro Mas ゴルフ場は車両基地兼駅になる。

00pulomas_golf_dec16b
そこは2018年のアジア競技大会の競馬競技に使用することとなっており、そのためゴルフ場は今年閉鎖されて小生も追い出しを食らった訳である。
閉鎖したものの工事の模様は感じられなく、真少し閉鎖を遅らしゴルフをさせてくれればよかったものと恨めしく感じられ、塀越しの馬のセメント像も悲しそうにこちらを見ていたのが帰路を悲しくさせた。

|

« 動乱のインドネシア語 | トップページ | Cipto Mangunkusumo »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動乱のインドネシア語 | トップページ | Cipto Mangunkusumo »