« 盗まれていたラーデンサレー&バスキアブドゥラー | トップページ | 奇抜すぎるPERURI 88 »

2016年12月29日 (木)

インドネシアビールの範囲 エル・デアブロ ビール

以前コタ・ファタヒラー広場のカフェ・Seni DjakartaのBir Pletokというビールを紹介したが、本当にビールなのだろうか。 作り方を見ると生姜、クローブ、肉桂、Kapulaga、Serai、Palaなどを混ぜ合わせ砂糖も入れて1時間弱く煮たあと、1晩寝かせて作るようだがこれでは醸造とは言わないだろうからビールの範囲には入らないだろう。その後Prostブランドのラーガービールを紹介したが 
00_diablo_nov29_16r

更にこの11月、コスモ・スーパーでまた、新しいビールを見つけた。インドネシアのBALI Hai Breweryが製造するEl Diabloという名前である。意味はスペイン語で悪魔と言う。サイトではRebrandingとも書いてあるので本家を訪ねると、イギリスを発祥にしたバーレーワインと言う別名もあるものであった。大麦とホップの量が通常の数倍で醸造にも時間をかけるので買った後も5年迄熟成をつづけるそうだ。飲まないまま、もう日本に帰って来たから又いつ飲めるか分からないが、日本にも同名で作っている醸造元はあるようだから、探してみよう。

|

« 盗まれていたラーデンサレー&バスキアブドゥラー | トップページ | 奇抜すぎるPERURI 88 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 盗まれていたラーデンサレー&バスキアブドゥラー | トップページ | 奇抜すぎるPERURI 88 »