« マラン セレクタ | トップページ | NNTはNTTでなくNTBに »

2017年1月19日 (木)

マランは年中避暑地

Wikiのマラン記述はすくないが、インドネシア専科には「148高原のマラン市」と言うペイジがある。
Semeru

オランダ時代はジャワのスイスとも言われたらしい。今地図を見るとこの周辺はインドネシア名山がいくつもある。地図から見るとお椀をかぶせたような形で独立したのが多い。ジャワで一番高いのがスメール3676m(富士山は3778m)、後ろにブロモ2800m、更に東の端のバニュワンギにはラウン3,400m、昨日のセレクタの南がKawi2,676mと北にアルジュナ3,339mとウイリラン3,156mがある。 低地より450mの高原地帯はコーヒー、ゴム、砂糖などの栽培に適し多くのンオランダ人が開拓し避暑地ともなった。1870年代である。

00malang_08_souhuwat_33
市センターが建設されたのは1914年、ブランタス運河のそばである。そして今はジャワ4番目の百万都市となった。のんびり住んでみるのもいいだろうが、退職者 ロングステイを考えることもなく今日まで来てしまった。50肩もCOPDも治るのではないかなぁと今更思う。山の写真はpaketkarimunjawakitaからsublease、市役所は旧同僚ソフアットさん、ブロモにのぼったのですね


|

« マラン セレクタ | トップページ | NNTはNTTでなくNTBに »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マラン セレクタ | トップページ | NNTはNTTでなくNTBに »