« ジャカルタに見る赤い郵便局 | トップページ | 北朝鮮とインドネシア »

2017年2月27日 (月)

趣味のAroma sedap

00_aroma_sedap_16o

11月ごろHermitage Hotelに行くときその近くのTik Di Tiro通りでちょっとだけ感じのいい作りの家と出会ったので写真に撮っていた。

Aroma_sedap_dalame1476347332


何かの店らしく名前が大きくAroma Sedapと出ていたのでサロンか整体かと思っていたが、調べるとどうもレストランらしい。ちゃんと専門ガイドZamatoには出ている。この店からHermitageに向かう数軒先の右手の角には同じような由緒ありげな宮廷(?)レストラン http://jakartan.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/bungarampai_9126.htmlがある。
その店についてはスディルマンのBCAビルの裏手にあるKembang Gulaと姉妹レストだというので昔訪れブログにしたこともある。 
Img_20160408_062943
Kepiting saus macoなる写真はオンス当たりRp40,000で77オンスくらいは普通サイズである。Udang, Kerapa、Kerang Cumiなんでもある。BakarがGorengで味も濃く、日本では見掛けなく旨そうだ。
この道をまっすぐ行くとワンブロック程度で昨日のRS Bundaに出てくる。

|

« ジャカルタに見る赤い郵便局 | トップページ | 北朝鮮とインドネシア »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジャカルタに見る赤い郵便局 | トップページ | 北朝鮮とインドネシア »