« UIの19の学長通り | トップページ | ジャカルタに見る赤い郵便局 »

2017年2月22日 (水)

二人のBunda


00univ_bunda_mulia
街で見掛けた建物の設計にちょっと気がひかれる二つのものがあった。共通は母と言う意味のBundaと言う言葉である。一つは北湾岸高速のアンチョール近くであるが大きな10階建てくらいの建物にUBMと看板が掲げられている。後で調べるとUniv.Bunda Mulia(高貴な母大学)であったが、1986年頃設立のSTMIKとSTIEが合併したもののようだがインドネシアで2,000もある高等教育機関では50位くらいにランクされる名声も得ているようだ。

00gondangdia_mar_2015_3r

あと一つはgoogl mapをぶらぶらしていた時、目に入った建物であるがちゃんと自分のアルバムにも見つけることが出来た。RSU Bundaとあるので公立病院であるが産婦人科が得意なのであろう。Cik Di Tiro通りとSyahril通りの角地に立つ数階建ての数棟でGoogleの写真は立派で別物と思わせる。1973年設立とのことだがどこかの援助であろうか。

Rsbunda1


|

« UIの19の学長通り | トップページ | ジャカルタに見る赤い郵便局 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« UIの19の学長通り | トップページ | ジャカルタに見る赤い郵便局 »