« e-Taxのインドネシア語 | トップページ | Soemantri Brodjonegoro競技場 »

2017年2月10日 (金)

セランの勝利の記念碑

00serang_monyumeng_perjuangan_s
この写真もやっぱり、通りすがりに見つけたものである。場所はセラン市のバンテン大通りのアルンアルン(中央広場)の一角である。最初は渋滞の車の背中越しに見掛けたもので、行き過ぎたあと、また一回り回って写真を撮ったが、

00monyumen_perjuangan_masyarakata_b


写真を拡大するとMonumen Perjuangan Rakyat Banten と彫られている。これについての謂れとか歴史があるはずであるが市の観光案内などにもどこにも書かれてないのが不思議である。
しかしインドネシアの特にジャワの各大都市には必ずある

Apr_2006_046


独立戦争の時のオランダに対する庶民の戦いの勝利の記念碑である。 Perjuanganとはそういう意味である。マカッサルのはMonperaと省略されている。近くでは南タンゲラン、ボゴール、ジャカルタはジャティネガラやスネンやあちこちにある。さしずめ韓国の慰安婦の像であろうか そのうち韓国も多くの都市で建造され、日本のお地蔵さんみたいに人さらいを諫める仏になるのであろう。

|

« e-Taxのインドネシア語 | トップページ | Soemantri Brodjonegoro競技場 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« e-Taxのインドネシア語 | トップページ | Soemantri Brodjonegoro競技場 »