« 新首都候補 パランカラヤ | トップページ | 北のジャラン・サバン »

2017年3月30日 (木)

Gedung Prijadi Praptosuhardjo  って 何処の事」

00prijadi_pratosuharjo_jun07

KPPN国庫総局のセクリタリアートはGoogle Mapでは左手の旧裁判所の写真が出てくるが、総局サイトでは住所はGedung Prijadi Praptosuhardjo となっている。と言うことは役目も名前もなかった旧裁判所にニックネームが付いたというわけである。この名前には可愛げも親しさも感じないがそれはこの名前はこの全体の建物敷地の保有者財務省の内部の人間であるからである。しかしちゃんと財務大臣にはなっている。しかしワヒッド大統領の時代だが2000年8月の内閣改造からメガ政権移行の1年弱の短期であったので記憶には残ってない。
調べると1939年生まれで既に2001年12月に62歳で亡くなっている。財務大臣になるまでは35年BRIに尽くしている。財務大臣としての功績はIMFへの依存から脱却しようと政府間の直接的なメカニズムで融資を追求することを計画したが実施の脱却は2003年からとなったはずである。

|

« 新首都候補 パランカラヤ | トップページ | 北のジャラン・サバン »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新首都候補 パランカラヤ | トップページ | 北のジャラン・サバン »