« 移転価格税調への対応その3 | トップページ | Gedung Prijadi Praptosuhardjo  って 何処の事」 »

2017年3月29日 (水)

新首都候補 パランカラヤ

500pxjembatan_kahayan_palangkaraya
又ゾロ首都移転問題がでているようで今回はジョコウイ大統領がパランカラヤに首都移転することを調査するように指示したらしい。パランカラヤとは中部カリマンタンの州都であるが山の中でなぜこんなところが候補になるのか疑問も沸く。ここは日本人が恐れるダヤック族の居住区でマズーラ族との抗争事件も小生には記憶にある。ジャカルタが移転を考える最大の理由は大統領宮殿も見舞われる洪水であるようだがここは山地だからその心配はないのだろう。1957年に市制が始まった新しい都市でインドネシア一の広さを誇る、人口2十数万である。まだ開発途上で広大な森林地帯はオランウータンなどの動物も住んでおり共存が過大であろうか。

Tugu_sukarno_palangkaraya
最初の開墾の鍬はスカルノが振り下ろしたそうでその地にスカルノの塔が建てられており、生まれの時から首都を嘱望されていたようだ。首都が移っても日本人社会は移らないだろう。写真はWikipedia より借用。


|

« 移転価格税調への対応その3 | トップページ | Gedung Prijadi Praptosuhardjo  って 何処の事」 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 移転価格税調への対応その3 | トップページ | Gedung Prijadi Praptosuhardjo  って 何処の事」 »