« 難しいNUの再認識 | トップページ | 移転価格税調への対応その3 »

2017年3月27日 (月)

ジャワ点描 新発見

Rjikweg
「ジャワ点描」の一つの写真で、本の説明ではライスウエーク通りであるが、その写真はどこなのかの推察する箇所があった。推察の結論は「パサールバルーの東側にあるJuanda駅南端の踏切(今は立体交差になっている)付近から西の方角を撮影したものでした。写真奥に続いているのが、Jl. Veteranで、右角にある商店の裏側は川です。また左角にあるのが由緒あるホテルでしたが、今ではショッピングモールに変わってしまいました。」となっている。
腑に落ちない所があるので小生も探検隊に参加してみました。ライスウエークと言うのは今のJl.Veteranである。この通りは東西に長く東のパサールバルーのJuanda駅南端の方はオランダ時代Noordwijkと言うはずだいうのが疑問の一つで、もしその推察のジュアンダ駅南橋からだとすると、右角にあるのは商店ではなくホテル(今もHotel sriwijaya)だがその裏側に川はなく、また左角にはショッピングモールに代わったホテルとしているが、今は運河を超えてイステクラル・モスクに代わっているので現実と一致しない。
由緒あるホテルでショッピングモールに代わっているというのはむしろホテル・デス・インデスで今はドゥタ・メルリンと言うショッピングモールがあるのでそれならハシム・アシュアリ通りである。


00singer_193

ところが、小生はこの写真と殆ど同じものをみつけていたのである。それをアップしたのが「シンガーミシンの頃」というものである。
そこは今Veteran通りがマジャパヒット通りにでてくる所である。そしてマジャパヒット通りは、オランダ時代Rijswijkstraat言われたものでその四つ角のエルメスの像の辺りからマジャパヒット通りを映したものに違いない。

他にもここを映した写真も出てきたのでアップしておこう
Ilwjakarta5rijswijkharmonieplein193


Ilwjakarta5rijswijkharmonieplein1_2
これらは左側のハーモニー会館が見えて、又右の家の後ろにつながる屋根並みからも四つが同じところの写真であることが明確である。 年代の印字等からして電車が通っているのが1936年、次が1937年、シンガーになっているのが1939年である。

|

« 難しいNUの再認識 | トップページ | 移転価格税調への対応その3 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 難しいNUの再認識 | トップページ | 移転価格税調への対応その3 »