« NHMとKPPN | トップページ | KPPNの地方事務所 »

2017年3月13日 (月)

タンボーラ税務署の裏表

00_kantor_pajak_tambora
先日Dharma Niagaのブログをしたときその場所をRoa Malaka SelatanのTambora税務署の筋向いとしたが、その後他の文献でTambora税務署は違うところにあることを発見して驚いた。急ぎ訂正するため再度チェックしたところ、なんのことはない、それは同じ場所で表と裏であったのである。
00_knt_tambora_hsbc07kali_besar_b_2

即ち違う場所だとした文献は昔のHSBCでこちらの住所はKali Besar Barat No.14であるが両社は背中合わせであったのである。 このHSBCは昔http://jakartan.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/hsbc-f9ea.htmlとしてブログしたこともあるが、130年以上歴史のあるHSBCがこの建物を建設し長く君臨していたがその後は商事会社などが入っていた時代もあるが空き家にするよりと税務署として使うことにしたのであろう。建築設計は又も有名なHulswit, Fermont, Ed. Cuypersで正面のアーク上の入り口などNeo Classicスタイルに属するらしい


|

« NHMとKPPN | トップページ | KPPNの地方事務所 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NHMとKPPN | トップページ | KPPNの地方事務所 »