« BAPEPAMの隣りのGedung Ali Wardhana | トップページ | BAPPENAS が Widjojoに »

2017年4月25日 (火)

ESDM BPSDM


00_kantor_pusat_esdm

モナスの南側タムリン像の前のエネルギー・鉱業資源省はKementrian Energi dan Sumber Daya Mineral と言うものでESDMと省略される。この略称にはもっとポピュラーな名前SDMが入っており間違いやすいがSDMはSumber Daya Manusia人的資源・人材開発の意味で市内各所にある。
00_sdm
一番明瞭なのはチャワンからタンジュンプリオクニに上るパンジャイタン通りにある。(とばかり思っていたらこれはSDAであった。AとはAlam自然かAir水である)
00bpsdm
人材開発は各省でも熱心でガトットスブロト通りにBPSDMと言うのを見かけたがこれはBadan Pengembangan Sumber Daya Manusiaの頭文字で公共事業省のものである。法務省ではBPSDM-Hukum dan HAMと後ろにつける。
00_esdm_diklat
そして同じガトットスブロト通りにまさにエネルギー資源省のものがあるがSDMが二つ名前に入ると思うとそこは訓練教育(Diklat)センターとしていた。Diklatとはpendidikan (教育)dan pelatihan(訓練) の省略形である。
財務省はPPSDM或いはBadan Pendidikan dan Pelatihan Keuanganと言う。

|

« BAPEPAMの隣りのGedung Ali Wardhana | トップページ | BAPPENAS が Widjojoに »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BAPEPAMの隣りのGedung Ali Wardhana | トップページ | BAPPENAS が Widjojoに »