« ジャカルタ一人旅行記 | トップページ | BAPEPAMの隣りのGedung Ali Wardhana »

2017年4月21日 (金)

Gedung Marie Muhammadの意味

00gd_marie

最近財務省の建物群にニックネームを付けるのが流行っている。その最初の発見が旧裁判所のPriyadiで、2回目がSumitroであったのでバンテン広場周辺だけだと思っていたのだがガトット・スブロト通り BKPM横の租税総局ビルにも名前が付いた。その名前は昔財務大臣であったMarie Muhammadである。少し前になるがそれは今年1月で首謀者はスリムルヤディ財務大臣である。
Mar'ie Muhammad.と言えばスハルトの降版前の絶好調の・第6期で大蔵大臣を務めており、表貌からもアラブ系(東ジャワ出身)である。小生の記憶ではルピアを使えとドル使用禁止を打ち出した最初の財務大臣である。租税総局とは大臣になる前に総局長を務めている 彼はMr.クリーンと言われた精錬潔癖で有名であったので現在の職員にも好影響を与えるかも知れない。


|

« ジャカルタ一人旅行記 | トップページ | BAPEPAMの隣りのGedung Ali Wardhana »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジャカルタ一人旅行記 | トップページ | BAPEPAMの隣りのGedung Ali Wardhana »