« 輝けるRadius大臣 | トップページ | Pejampongan通りにつながるPenjernihan通りからPetamburan通りに »

2017年4月28日 (金)

口あんぐりのGedung Rajiman

00_gedung_rajiman

インドネシアの国家英雄でもないのに、それも財務省内の建物に名前を残すなんてと驚いているのはRajimanさんだ。日本の当地ビジネス界で少し知られているRajimanさんでなくRadjiman Wedyodiningratさんだがningratとつくからインドネシアの貴族であり 正式な名前はDr. Kanjeng Raden Tumenggung (K.R.T.) Radjiman Wedyodiningrat (1879~1952)である。驚きはこの名前は財務大臣など財務省とも関係なくあまり記憶にないが、彼はブディウトモの創設者の一人であり、又独立準備委員会BPUPKIの委員長であった。
そして建物とは住友のSummitmasの並びのビルでこの間のWidjojo Center(現在名はSequis Tower)の横のPajak Sudirman(Sudirman No.56)である。
00kpp_bursa

ビルには何が入居するかであるがカンウィルと大口税務署や上場企業税務署など6税務署が入る。つまりここにはこのビルが建つ前は上場企業税務署があった所でいつの間にか高層ビルに建て替えられたものである。 立て替えの為取り壊された建物は1973年築のこのようにきれいな建物であったので惜しいことをしたものだ。

00ged_sudirman2014
小生は新しいのこのビルはSummitmasの隣のビルと混同していた。形状もよく似ているし名前もSudirman Tower(Sudirman No.60)と似ていたのだ。
それにしても前回はこの1月のGedung Marie Muhammadであったが今回はこのGedung Radjiman Wedyodiningratで3月31日の年度滑り込みである。財務省が推進する財務省内偉人などの名前をビル等のつけて顕彰するのには何かほかに意味があるのだろうが、外国(法)人に関係するお役所にこのように馴染みのない名前を付けられると外国人の来訪を拒否しているのではないかとさえ感じられる。道路の名前とでも思って受け入れるしかない。


|

« 輝けるRadius大臣 | トップページ | Pejampongan通りにつながるPenjernihan通りからPetamburan通りに »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 輝けるRadius大臣 | トップページ | Pejampongan通りにつながるPenjernihan通りからPetamburan通りに »