« 3月の投資環境:インドネシアはまだ元気 そのうち日本抜くよ | トップページ | Gedung Sumitro Djojohadikusumo »

2017年4月18日 (火)

一人西遊記

従軍記者がスラバヤからバタヴィア迄一人で汽車の旅でついた日は朝まで豪遊した話でその豪胆ぶりに感心したが今度はそれより5年ほど前の昭和12年の西アジア遊記という一人旅の本があった。これらの本で小生のほんのパレンバンやマカッサル旅行への一人旅決行にどれだけ後押しを受けたか計り知れない。
00_garuda_senayan_city_kono_tikaku
しかし結局は体調わるく見知らぬ土地では危険と判断せざるをえなかった。彼、宮崎定市氏は歴史ジャーナリストでちょうどその時37歳、計画では国際会議のあったルーマニアからトルコに入り、イラク、シリア、レバノン、パレスチナ、エジプトを汽船や汽車やバス(アンコット風)或いは馬で各国2~3の都市を回りながらアレクサンドリアを船で立つ11月までの2ケ月の長旅である。当時の民心は貧しかったが、外国人を世話する気持ちは自国民を犠牲にするほどであったが,半面、汚れた衣服の眼病持ちのただれた老人から受ける甜瓜も口にせねばならぬし、一方で貧しさからくる執拗な手伝いの押し売りは相当なもので行くところ行く所誰かしらやってきて便所に迄ついてくる。子供たちの最初の可愛さも最後には豹変し心付け(バクシン)を連呼しながら威嚇する。彼は必ず寺院や遺蹟或いは市場(スーク。バザー)を自分の足でめぐる。当時は必ず日本領事に表敬訪問すると食事まで呼ばれたり歓迎をうけ注意事項を教えてくれる。しかし危険地帯のどのくらいかは彼らにはわからず、結局大変な所まで入り組んだ道に迷い込んでしまいどうにか脱出する。危険地帯は最悪はシリアの中のユダヤ人らしい。トルコの統治の大統領はケマールアタチュルクという英傑でに日ロ戦争に勝った日本びいきで改革もおこなったが、このバクシンなどと言うチップ強要を禁止したそうである。しかし所謂暗黒世界の上がりであるシャドウエコノミーでは現在タイ(麻薬か)、ロシア、フイリピン、ブラジル、エストニア、トルコが上位である。日本は良い方から5位、インドネシアは20位程度であった。
そして氏の得た確信は「西アジアの人たちは人間の地位が白人より上である自負がある」と言うことであった。いずこもそれはあると思うが特にインドネシア人も日本人より上に思っている人が多い。それが日本の合理性や迅速性などの美徳のアドバイスに聞いても聞いた振で終わるのである。

バクシンと言う言葉はGoogle 検索で一つくらいしか出てこない言葉だった。

|

« 3月の投資環境:インドネシアはまだ元気 そのうち日本抜くよ | トップページ | Gedung Sumitro Djojohadikusumo »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3月の投資環境:インドネシアはまだ元気 そのうち日本抜くよ | トップページ | Gedung Sumitro Djojohadikusumo »