« 4月投資環境 州知事選にみるイの行方(再確認) | トップページ | ジャカルタのバード マーケット »

2017年5月15日 (月)

メジロの季節 Burung Kicau

朝のテレビは番組表を見るとスッキリ、ビビット、特ダネ、羽鳥と競争で2時間ざつダネ報道をやっている。国際や政治ニュース解説はいいとしてその後は社会の裏面ニュースが多い。TV自身が人間の性悪そのままむき出しである。 それとは関係なかったがメジロの鳴き合わせ競技の模様を見たが、今メジロは飼育も禁止された保護鳥らしいが愛好家が集まり3分間に何回なくかの競争をしていた。特殊専門測定器もあり、優勝となると3分間に700回にもなるようだ。
00burung_markt
それで思い出したのはインドネシアのとあるバード・マーケットである。プラムカは有名だが何時ぞやクラパガディングの裏通りで、どうにか調べた結果それはJl. Pelepah Rayaであった。 
00_pelepah_raya_burung
片側水路とブッシュ(真ん中に運河あのある)で反対側だけ店が並ぶ通りで何軒もバードショップがある。通ったときは1軒に人が集まっており、それが鳴き合わせでもやっていたのかと連想したのだったが、インドネシアでは個人個人で軒先の木にぶら下げて程よい鳴き声(kicau)を楽しむようだ。或いはマーケットもあることから趣味から投資にもなっているのだろう。
Googleで見るとYoshiko Bird Shopなるのが記載されていた。日本の名前を付けただけだと思うがその気長さにここで名前を出して宣伝してあげよう。


|

« 4月投資環境 州知事選にみるイの行方(再確認) | トップページ | ジャカルタのバード マーケット »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事