« ワールド・トレード・センター 2 | トップページ | 幻のホテル、Hotel des Indes 2 »

2017年5月29日 (月)

menporaのその後

Kenari Mallのあるクラマット通りにはNo.106に青年の誓いの記念館もある。青年の誓いは1928年の10月28日であるが、
00kongress_pemuda
この時の会議Kongres Sumpah Pemudaの風景が彫ってある大きな銅板(コンクリートかな)が飾ってあるのが、スポーツ・青年(Kemenpora)省の建物の玄関広場である。
00sempah_pemuda
ここにはもっと多くのインドネシアの独立への歴史風景があったが正面にはその文字を掘った大きな石の記念碑もある。ここはTVRIもある通りでGerbang Pemuda通りである。
PoraとはPemuda dan Olah Ragaの頭文字を使ったものであるが省になった歴史は意外や古く最初の1945年の内閣では教育省の管轄であったが翌年青年省として単独の省になり過激的プムダのWikanaが大臣になり49年はSepenoである。その後78年から93年はA.GafurやA.Tanjungが出てきたが77年迄20年間やメガ時代は空席の時代であった。 2012年の大臣Andi Mallarangengはボゴールの競技場建設に絡む収賄でKPKに逮捕されていたが、ちゃんと4年の禁固刑を受けたようだ。
イスラム過激派組織FPIのボスRizieq ShihabのSexting/ポルノ事件のその後も気になるが此方は5月17日 事情聴取される予定であるが国外に逃げ回っているニュース以降新しいニュースはない。


|

« ワールド・トレード・センター 2 | トップページ | 幻のホテル、Hotel des Indes 2 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事