« 個人財務情報の自動交換  | トップページ | 遅すぎる降伏 沖縄とモロタイ »

2017年6月26日 (月)

Pasar Pagi(Asemka)とPasar Perniagaan

この写真は確かに昔のパッサールパギだと思うが縁となる固有名詞もない。
Pancoran_asemka
1980年代だとは思うがこれも解らない。パッサールパギはマンガ・ドゥアのWTCにもあるのでこちらはラマであり、ここから移転したのでその年代を探ればわかるかもしれない。 
Ke_asemka2009
パッサル・パギ・ラマはコタのマンディリ博物館の横に降りてくるFlyoverの下の道を含む一体でアセムカと言い今も多くの玩具類や文房具類を売っているので移転は一部だったのであろうか。

Amay_09_batavia_144
ところが昔この辺りを通ってかなり大きな一風変わったビルがあり、その後それがどこにあるか一時忘却の彼方にあったので、今日Googleで訪ねてみた。一方通行なのでここに行くのはかなりむつかしい。簡単に説明するとこの間FPIのデモの流れだったか半暴動が起こったPejagaran通りを北から下ってくる道で左に曲がるのであるがジャランコピをやり過ごしflyoverの手前で左に取ればPasar Pagi Rayaと言う道で少しカリブサール方向に進むとここにやってくる。この通りが正面でこの建物は奥に長く周囲に道があるので裏側に行くとFlyover添いに道があるがここも同じ賑やかな玩具類の商店街である。
この建物は今やネズミの巣窟らしくワンブロック南のPerniagaan通りにあるPasar Grosir Perniagaanに移った業者も多いそうだ。見た目はなかなかで都営のPasar Jayaがやっているので何とかとは思うもののこの一帯は道が一方通行で複雑すぎてそれだけでよそ者にはダメである。
00pasar_pagi_dsc_0291

この玩具類が売られている賑やかな一帯はパンチョラン(ピントゥクチール)から入ってきてFlyoverに出てくる道をとることも出来る。しかしそこからはこのネズミのモールにはダイレクトにはいけない。
00grosir_perniagaan_2009
又一部移転したすぐ南のPasar Grosirにもダイレクトにはいけない。皆3~5百メートルであるので歩けばどこにも行けるがネズミに気を付けねばならない。カリブサールの少し上流で左手がパサールパギ、右手がアセムカとなると思う。

|

« 個人財務情報の自動交換  | トップページ | 遅すぎる降伏 沖縄とモロタイ »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事