« ジャカルタのヒンズー寺院のpura2 | トップページ | 私のToko Tiga »

2017年6月29日 (木)

モロタイよりもテルナティ・チドーレ

モロタイ島もハルマヘラ島も現在では北マルク州を構成するが、熱帯山岳地であるため人口は少ない。むしろハルマヘラ島がその西側でかかえる様に浮かぶ島テルナテ、ティドーレ島の方がこの地だけの特産品の丁子などの香料貿易でにぎわった歴史がある。
Hiddenparadiseofmorotaimap02
1999年にマルク州から独立し北マルク州になった訳であるが州都は最初はテルナテであったがやっと10年もかかって計画の首都ハルマヘラ島のソフイフイに移転できたようなわけである。その南はバチャン島からオビ島、或いはスラウエシ寄りのタリアブ島などが加わる程度でなぜ分離したかはわからない。

020576500_1491539665wisata_tidore

この地は1513年ポルトガルがやってきてテルナテを本拠にしたあと、スペインも1519年チドレにやってきて両国は丁子貿易で競争し抗争したが後に条約でスペインがフイリピンに去った後オランダやって来た。テルナテもチドレもスルタン国であり、西欧の侵略には悩まされ、最後はオランダの伐採価格政策(ホンギ遠征)で丁子の生産も逆にすたれた。そのような背景でこの地方はインドネシアでも貧しい地方になり、北マルク分離したのはハビビ政権の経済特区として地方開発の促進が目的であった
写真はリプタン6より 

|

« ジャカルタのヒンズー寺院のpura2 | トップページ | 私のToko Tiga »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事