« 遅すぎる降伏 沖縄とモロタイ | トップページ | モロタイよりもテルナティ・チドーレ »

2017年6月28日 (水)

ジャカルタのヒンズー寺院のpura2


レバランと言うわけでもないが最近の宗教間の不寛容の出来事がおおく、各宗教の教会の記事も目にする。JP誌では5つの宗教でイステクラル、カセドラル、イマニュエル、ラーマングン、ホウセイジを挙げていたが、この仏教のホウセイジだけ初耳で素人でも仏教は金徳院以下多くあり、モスクも教会もまた多くブログで紹介している。
Pura_abnityajaya
ヒンズーはラーマングンにあるPura Adyya Jayaは「http://jakartan.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_1362.html」としてブログしたがあとなかなか思いだせない。
そこでネットで探してみるとジャカナビの「多様な宗教が共存する街ジャカルタ#2」で珍しくヒンズーが三つも紹介されていたので、それを引用すると
Pura Chandra Prabha: Jelambar, Grogol petamburan
Pura Penataran Agung: Taman Sari Halim Perdana Kusumah, Jakarta Timur
Pura Amerta Jati: Pangkalan Jati, Cinere, Kota Depok
である。ジャカナビの筆者は「ヒンドゥー寺院最大の年間行事である創設記念祭・オダランでは。。。(神聖な一番奥の境内は本来他宗教にはゆるされないがここではきちんと正装しておればおおらかだし何よりバリそのものの空間に心打たれた)」と言う風な表現である。
いずれ行くこともあろうとマイアルバムで他を探すと、北のプルイットに仏寺と共存していた「Candi Shiva Mandir北のヒンドゥー」と言うのをこれも既に昔ブログにしていた。更にマルンダにもあった記憶がある。
Pura_agung
少し小さいがちゃんとしたPuraなら、タナアバンのプラサスティ墓碑公園にいく道にPura Agungというのがある。

Taman_mini_mperangko
少し違うがタマン・ミニの切手博物館の入口にはどんとそびえ立つ割れ門がある。宗教を離れて海のバリを味わうならアンチョールの奥のJimbaranレストランがいいだろう。最後の二つもブログにしていた。

|

« 遅すぎる降伏 沖縄とモロタイ | トップページ | モロタイよりもテルナティ・チドーレ »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事