« 南マルクの領域 | トップページ | ダルル・イスラムのリーダー »

2017年7月27日 (木)

今週のMy Favorite ゴスペルだったカンツリー

https://www.youtube.com/watch?v=WnBZN-FG4OM


スマホも一人でYoutubeで遊んでいるとスマホが寄り添ってくる。僕の好みを何時知ったのか、そういう曲をよく聞くことになりMy Favouriteになるが最初のきっかけは何だったのかは不明のままである。最近ではThe Old Rugged Crossでruggedと言う単語がピンとこず引っかかっていたこともある。今これ自身が語幹の形容詞でごつごつした頑丈なと言う意味で、荒野に立つ硬い粗削りの木の十字架を見て今世の名声を捨て共に居たいという歌のようだ。
1912年聖職者ブラッド・ペイズリーが作曲、その後数えきれない歌手に謳われてきている。(ほんの例でアンマレー、E.アーノルド、カーター、レイプライス、ジムリーブス、プレスリー、J.キャッシュ、G.ジョーンズ、R.リン。。。)筆休み話題でWhat a Friend we have in Jesusがあり、口ずさむと昔は誰でも知っている小学唱歌の“冬の星座”であった。これも古い(1865年ごろ)の讃美歌である。困難な中でも信頼するイエス様と謳うとスッキリする。I’ll fly away言葉通り、天の国の家まで飛びましょうという葬式などでよく歌われるが、ブルーグラス調で又1929年来多くの人が歌っている。上げるとすればAlison Kraus, Alan Jackson、Bince Gill、Jonny Cash。。
こうして上げていくと数限りなくあるが ファイルしている曲から出すとAmazing Graceであるが解説は不要としておこう。

追注:上で”冬の星座”と書いたがこれは誤りで”星の世界”であった。 8月8日のブログで再出させる。

|

« 南マルクの領域 | トップページ | ダルル・イスラムのリーダー »

音楽」カテゴリの記事