« Dhanapala 会館はスリランカ? | トップページ | 今週のMy Favorite ゴスペルだったカンツリー »

2017年7月26日 (水)

南マルクの領域

20170726_2
北マルク州の南は通常南マルク州と謂われそうなものだが北マルク州は元のマルク州から独立したので抜けた後のマルクはマルクのままである。色々な呼び方があるので一つ一つ定義はむつかしいが、まず北マルクはスンダ・アーク・セラム海の北でその南が南マルクになるが、厄介なのは南や東の境界である。しかしこの海域はバンダ海と言われる島々が輪になるようになっており、南はチモールレスタリ国や東はパプア州の近くまでの島々のほとんどを含んでいるのである。そしてその中心(少し北)にバンダナイラがあるがgoogleでも拡大しないと見えてこない。この連環を西から島々を挙げるとブル島、セラム、アンボン、Kai諸島、Trangan(この近くにアルーがあるはずだがGoogleでも出て来ない)、ここから西に回り込んでJendena、Wetar となる。ここまでがマルクである。この先の西のAlorはヌサテンガラであり、ワカトビ・ブトンはスラウエシである。
香料諸島、モルッカ諸島 (Moluccas)、マルク諸島はこの北と南とマルクを合わすのであろうし、又独立抗争をやめたと思われない南マルク国(RMS)はこれらの中の南マルク、それもブル・アンボン・セラムを中心とするのであろう。実効支配がないから詮索しても仕方がない。

|

« Dhanapala 会館はスリランカ? | トップページ | 今週のMy Favorite ゴスペルだったカンツリー »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事