« 今週のMy Favorite ゴスペルだったカンツリー | トップページ | チリリタン事件のスヨノとスポノ »

2017年7月31日 (月)

ダルル・イスラムのリーダー

南スラウエシのダルル・イスラムの首謀者と似た名前でAbdul Kahar Muzakirはパンチャシラ憲章を署名した9人のリーダーで既に詳細紹介したがAbdul Kahar Muzakkarの方はつい忘れていたようだ。彼はボネ湾のLuwuの学業後Soloに出てきたがここでMuzakirにも会いそれで名前を変えたとも言われる。

ダルルイスラムはイスラムの家の意味であるが、西ジャワ・ガルット中心にイスラム国建国を目標に1942年にカリスマ過激派のカルトスウイルヨ(Sekarmadji Maridjan Kartosoewirjo)により組成されたヒズブラー(表向き日本軍への協力は見せたが)と呼ばれる団体であった。(ずっと後に再興されれ現代のJemaah Islamiyahを生んだと言われている。)
西ジャワはオランダ主導で傀儡政府パスンダン国が設立されていたがこれに反対していたムスリム住民はカルトスウイルヨの指導で1948年のレンヴイル協定に反対し1949年8月7日建国を宣言した。
こうした動きに呼応し南スラウエシでもAbdul Kahar Muzakkarに指導され、またカルトスウイルヨの誘いにのり1953ダルルイスラムに参加、アチェでも1953年イスラムの建国宣言が行われた。
その間、1950年4月Andi Azisのマカッサル反乱があり、その時出動したスハルトがハビビと邂逅している話は有名である。
又1957年ジャカルタでチキニ小学校でスカルノ暗殺未遂の爆破事件を起こしている。
その後指導される民主主義の動きやスマトラ・マナドの革命政府反乱に移って行き、戒厳令で中部ジャワ、南カリマンタンなど各地のダルルイスラムの団体をつぶしながらヤニ大佐の野牛部隊に翻弄され、1960年にムザカールが、1962年にはカルトスウイルヨが銃撃捕獲され、カルトスウイルヨは簡便裁判の後銃殺された。(埋葬地不明のままである)、ムザカールの死体は杳として発見されず生存がうわさされる中実際は最終1965年に射殺され、この時代のダルルイスラムの争乱は終結した。
大分混乱しているようだから此処までとしよう。


Di_kahar_muzakar


|

« 今週のMy Favorite ゴスペルだったカンツリー | トップページ | チリリタン事件のスヨノとスポノ »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事