« 忘れられていた経済政策 | トップページ | Sudilah kiranya Kumohon »

2017年8月17日 (木)

Balai Pustakaは引っ越した

Balai Pustakaは古い国営企業」として昔ブログにした。この時はその住所が解らなかった時代であったがその後の発見を今日追注記した。発端はGoogle Mapで財務省の新しいニックネームが付けられた建物群を追っているときで、それにはラパンガン・バンテン側とワヒディン側と二つに分かれるが、そのワヒディン側のコンプレックスの真ん中にPuskurbuk Balitbang Kemdikbudという建物がありそれは財務省の持ち物でもなく、アドレスもワヒディンでなくグヌン・サハリとあったためである。
20170812_21


Googleでこれらの建物名をクリックしてもBad Gatewayとしか出なかったりしたが、Balai Pustakaのサイトがあり未だ生きており住所はJalan Bunga No. 8 - 8A Matramanであることが解り、この住所をmapに訪ねると住宅地であり施設的な建物は見当たらず、

最後はMapでBalaiから探すと出てきたのがこの写真である。あまり意味が解らない表現だと思うが、解説するとGoogle Mapはいつもかなり最新状況が維持されており、そのアップデートに古いエディションとかいくつかのMapがあり、住所検索のやり方でそれらのエディションがそれぞれ出てくるのではないだろうか その二つのエディションで当該物件の場所の表示マークが異なるだけで番地表示は同じであるので Balai Pustaka自体はこの写真の所に引っ越したのは確実だ。 
00balai_pustaka_jl_bunga

Balai Pustakaのサイトにその様なニュースもなく pindah(引っ越し)と引っかけても何も出てこなかったので手間取ったが、このGoogleからの借用写真を掲げたくブログにしたようなものである。
ここにはインドネシアの民話や説話や歴史など教科書風の安価な書籍があり、外国人には丁度良いと思われる。
尚グヌン・サハリの跡地には新しいビルがたっているが多分 Gedung Frans Sedaと思われるが又にしよう。

|

« 忘れられていた経済政策 | トップページ | Sudilah kiranya Kumohon »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忘れられていた経済政策 | トップページ | Sudilah kiranya Kumohon »