« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月の投稿

2017年8月31日 (木)

PT スターツ starts

Startsさんには本当に申し訳ない。こちらばボンヤリしているからかもしれないが近所の建設屋さんかと思っていたらいつの間にか第一部上場の大企業になっていたし、
845_1530_2
いつの間にかPTでジャカルタに進出しており、今何となくキャッチした物件は昔、誰がやっているのかとブログしたことのあるダルマワンサの高層マンションであった。そのブログは「Essence ダルマワンサ Buntu」というものであるが、施工主かデベロッパーが解らずたどり着いたPT Prakarsa Semesta AlamとかSALIGADING BERSAMAの名前は上げたがStarts の広告を見るとここはdarumawannsa X 通りで30階建てのアパートは2009年に立ちエリアはパクボノ・ガンダリアとあった。このサイトを今日又開くとエリアはクニンガンとなっており、バクブオノが開発業者を示すものでなく場所を示すもののようだと失望した。 しかし場所ならガンダリヤよりクマンヴィレッジの方が近い。
Tree_park
Startsはこのアパートのいくつかの投資家の賃貸希望物件を斡旋しているようだ。そういえばカラワンのKIIC・Sedana Golfのそばにも今や二つのホテルがあるがあと一つサービスアパートがありこちらも賃貸物件を出していた。二つのホテルとはPuri KIIC Golf View HotelとDelonix Hotel Karawangで賃貸物件の方はTree Park サービスアパートという。
00starts_myouden
スターツは日本ではよく見る建設業者で今さっきその写真を取りに行ってきた。小生のアパートの出口の目の前に邸宅アパートを丁度建設中であった。本当は大きな物件を見たかったのであるが出口一歩で出会ったこの物件には負けるしかない。


| | コメント (0)

2017年8月29日 (火)

ダンデルス宮殿の所有者


Img081

オランダ人がこの地に目を付けたのは1650年代であるが最初の所有者はAnthonij Paviljoenである。その死後中国人に賃貸させ砂糖の栽培などが行われ、1697年に所有権はCornelis Chasteleinに渡り、その息子Anthonij Chastelijnの未亡人Anna De HaanはJohan Francois de Witte van Schootenと再婚しその後Justinus Vinckに売却し更にモッセル総督(1750-1761)に売却しMosselの後次の総督Petrus Albertus van der Parra(1761-1775)から更にPieter Gerardus van Overstratenに渡ったが彼の資金手当ての借り入れから名義は植民政府に移り、宮殿を建設する話となったものである。

1808年にダーンデルス総督が赴任したころはウェルトフレーデンカントリーハウスは崩壊しつつあり、彼はボゴール宮殿に住みながらこの地、既に植民政府軍のパレード訓練地とした現在のラパンガンバンテンの奥の広場に宮殿建設を命じた。問題もあり完成は1828年du Bus de Ghisignies総督の時であった。彼は宮殿としては使用せず財務省などの政府の機関が使用した。

Aajun07_sundakelap_kota_053

インドネシアの独立以降には新しいビルが4つ~6つほど立ったがダンデルス本館の所有者の変遷は以上のようであった。

| | コメント (0)

2017年8月28日 (月)

プタンブランの思い

00petamburan_025
ジャカルタ ジャパンクラブよりブタンブランの日本人納骨堂のある墓地で秋の慰霊祭の案内が来ていた。
小生は1990年代初め何度か参加したが、いつからだろうか今や日本から住職(長野県久遠山・延壽院の伊佐榮豊住職)がおいで頂き式を執り行っている。案内文にはその歴史が書かれているのでここに引用しておこう。慰霊祭は9月20日でクラブに申し込めばよい。
「日本人納骨堂は1931年、当時の日本人会有志(7人)が発起人となり、バタビア日本人会共済会を組織して建立されました。ジャカルタ市内に点在しておりました本名も分からない「からゆきさん」のお墓を10年の歳月をかけて集め、ここに安置しました。第二次大戦後、参拝者もなく荒れる一方となっていたお墓を見るに見かねた邦人有志が1959年に日本人墓地保存会を結成、在留邦人からの寄付を仰ぎ、市内に散在していたお墓を日本人納骨堂に集め、1960年12月に最初の合同慰霊祭が行われました。爾来、毎年春と秋の2回、慰霊祭を執り行っております云々」
このブログではこの墓地に祀られた一人の女性について2度ほど書いている。一つは2010年6月 7日、「http://jakartan.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-1970.htmlプタンブラン日本人納骨堂訪問記」 でありあと一つは2015年4月24日の「興安丸 人生3度の邂逅」である。今読み直しても涙をそそる話が秘められている。ここはジャカルタだけではあるがインドネシア全土にこのように散っていった日本人のからゆきさんが眠っているのだ。アルー島のDoboだけでも何百人もの日本女性が虐げられていた時代があったという。

| | コメント (0)

2017年8月27日 (日)

租税条約の適用ガイド完全邦訳 

また改定されました。 居住者証明も新フォームになりました。インドマルコ社 「インドネシア企業経営」 8月号は、掲題の他、この月でキャッチした会計、税務,、労務、貿易、金融、産業、経済、企業、政治等のインドネシアで経営する企業が関わる全ての分野の重要法令など満載しています。
この購読の他、毎週法令ニュースなどをE-mailでお届けするサービスもあるので、是非ご連絡ください。 他に会社運営に必要な会計記帳・経理指導、税務計算申告代行、投資関連許認可・変更事項の法務セクレタリ-なども個別フイーにて提供しております。どうぞご利用ください。
詳しくはウエブサイトwww.indonesialink.net/indomalco/或いはメールアドレスrisa@indomalco.com又は   kitamura@indomalco.comに照会下さい。 

1. 今月の経営情報・事例研究 枚 頁
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート 3 2
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート   6 5
  3 ) インドネシアの 「会計原則 217~固定資産 4」 4 11
  4 ) インドネシアの 租税条約の適用ガイド2017 6 15
  5 ) インドネシアの 輸出入における商品の決済方法および引き渡し方法 2 21
  6 ) インドネシアの 法人株主の名称変更届 1 23
  7 ) インドネシアの DGT新フォーム 3 24
  8 ) インドネシアの 通関優先パートナー制度 3 27
  9 ) インドネシアの 株式会社の買収手順   3 30
  10 ) インドネシアの 政府機関における納税者ステータスの確認 3 33
  11 ) インドネシアの 知的財産権の侵害が疑われる物品の輸出入規制 4 36
  12 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス 2 40
  13 ) インドネシアの 監査法人のガバナンス・コードついて  2 42
  14 ) インドネシアの 作物製品輸入の推薦状の改訂 4 44
  15 ) インドネシアの 州別総覧 その2 5 48
  16 ) インドネシアの 輸出入承認・業者登録を必要とする品目一覧 1 53
   
2. 今月の政治・経済情報      
  1 ) 2017年7月度 下旬 政治・経済トピックス メール配信 2 54
  2 ) 2017年8月度 上・中旬 政治・経済トピックス メール配信 4 56
  3 ) 2017年Q2のDGP速報、物価・貿易2017年8月発表 メール配信 3 60
   
3. 暮らしの随筆・その他  
  1 ) 「明日の街角139~盂蘭盆ー永続、千年の都」  橋本政彦 3 63
  2 ) 「8月に想うこと」 広沢 勉 2 66
  3 ) 「インドネシア 州の成立 その2」 西見恭平 4 68
   
4.今月の金融・経済関連データ  
  1 ) 今月の月次経済指標 2016-2017トレンド メール配信 2 72
  2 ) 今月の会計・税務用換算レート メール配信 1 74
  3 ) 今月の為替株式金利の動き メール配信 1 75
      ニュース性のものについてはご希望の方にメール配信もしています。    

00indomalco_cover_foto_aug_2017_2

表紙写真:ジャカルタの東ムルデカ通り14番に建つナショナル・ギャラリー。現在A棟とされているメインの建物は、1817年G.C.vanRijk総督によって植民地様式の住宅として建てられたもので、バタビア城の建材を材料に用いたという。1900年にはCarpentierAltingというオランダ・プロテスタントの牧師率いる財団が、この地にオランダ東インドで最初の学校を開設。脇の建物はこの時追加されたもので、メインの建物は女子学生寮として利用された。独立後はラーデン・サレ財団に引き継がれたものの、この財団はオランダ系フリーメイソンの流れを組んでいたため、1962年この地はインドネシア政府に接収され、以後、教育文化省の管轄となる。芸術振興の拠点として利用される動きもあったが、ナショナル・ギャラリーとなったのは1998年のことである。

発行:PT. Indomalco Info Center
Plaza Sentral 5A Floor, Jl.Jend.Sudirman No.47, Jakarta 12930, Indonesia
TEL: (+62-21) 570-9767, 570-9768(直通), Fax:570-9769, 574-1923
E-Mai:risa@indomalco.com, 筆責:北村、兼松、西見
ホームペイジ:www.indonesialink.net /indomalco/

| | コメント (0)

2017年8月25日 (金)

Gedung Notohamiprodjoって知ってる?

まだまだ財務省のコンプレックスのン中には知らない間に知らない名前が付いた建物がある。
00_notohamiprojo_googl
Gedung RM. Notohamiprodjoである。google Mapで検索すると新財務省コンプレックスの入口すぐの左手の建物が指される。

00_notohamiprojo_prawiro_departemen

これは小生が最初に訪れた時真ん中の噴水池の前の建物 Gedung Prawiroとセットのものと思われる。そして昔ここにコンコルディアクラブがあったと推定したが今それは不確かでもっとダンデルス寄りかもしれない。この建物の人物はちゃんと財務大臣列伝に名前を残しておりダブりなどを調整して第12代 1962/3から1963/11で
他に前後して副大臣や金融分野調整大臣、副首相、インドネシア第1次収入・資金・監督大臣、アドバイザー補佐官インドネシア基金&強化事務総裁を兼務したりしている。この1961年から1969年は国家開発第1次計画中でデノミや預金凍結などを行った。彼はその前は国営ブミプトラ生命を担当していた。

サテこの名前で人々に何か貢献できるだろうか。


| | コメント (0)

2017年8月24日 (木)

生まれ変わるフランスセダ

新財務省のコンプレックスの奥にGedung Frans Sedaというのがある。

00balai_pustaka_lama_8
住所はやはりWahidin No.1である。やはりとしたのは奥の左手はすぐGenung Sahari通りとなりそこからの入り口に昔Balai Pustakaとか教育文化省関連の建物が都合三つあったのだが先般ブログの通りその中心である肝心のBalai Pustakaが消えていたのでこれが建て替えられたものだと推定した。
20170813_3

Gedung Frans Sedaというのは金融予算。リスクマネジメント総局が入っているビルで財政リスク管理局1階、国債局で4階、イスラムシャリア金融局が5階、外国政府の無償借款局が6階、会計評価局7階、国家支出戦略・ポートフォリオ局が8階などの仕事をそれぞれの階でやっている。どちらも8階建てであるが、今思うとこの階数は日本と同じ数え方でGround Floorは1なのであろうか
43276334
フランスセダとは、元財務大臣故この建物の名前に付けられたのであるがこの方はここぞというときに登場してくる何となくほっとする人柄のように見受けられる。小生の頭の中では待ってましたのNTT州マウメレ出身の政治家で幅広く活躍し2009年12月31日に83歳で亡くなっている。州都マウメレの飛行場には彼の名前が付けられている。

スカルノからスハルトへ移る時代に農業、財務、運輸各大臣を引き受け、難局を乗り切った。食料不足の困窮をコメの増産で救い、650%のインフレを均衡予算で収束させ、後に親友エミール・サリムが金融の英雄と呼んだ。
68年から73年は特にバリを含め東インドネシアの観光開発に意を用いた。以降ヨーロッパの大使や諮問機関DPAを歴任し カトリック党やPDI党での活動後、スハルト崩落後はハビビ大統領やメガワテ副大統領の助言者として呼ばれたりした。
その間の活動を補足しようとすると紙数が足りないほど広い分野にわたり多彩である。例えばGramedia グループ、バイエル、Phillip BAT等々の監査役やAPI繊維協会総裁、英国、米国 , 豪州、日本、オランダなどとの経済協力活動、更に アトマジャジャヤ大学や教育財団PPMを設立自ら教壇にたち、2度にわたってローマ法王を迎え、各国からの叙勲も数えきれない。しかしこのフランス・セダ会館はどう見ても昔のバライ・プスタカのビルの構造のままでその場所に立っているとしか見えない。


| | コメント (0)

2017年8月23日 (水)

オープン延期のKEK特区

2012年よりKEKの指定を受けた9件の他に現時点では以下の地図に表示された
12ケ所あるようだ。前回のブログに追加するとロクスマエ、タンジュン・レスン、メラウケの3ケ所である。
今年は内6ケ所を開発するという計画であるが 最大は土地問題で遅れているようだ。その上政府は港湾、空運・陸運、発電も用意しなければならない。
今年オープン予定は既報のパルとマンダリカであるが遅れているのがマロイバトゥタ、タンジュンアピアピ、モロタイ、ビトゥンである。国家開発庁(BAPPENAS)のB.ブロジョネゴロ大臣は民間の投資家を募り、開発も促進するため後1年猶予期間を与えることにしたようだ
Specialeconomiczonesindonesiakawasa


| | コメント (0)

2017年8月22日 (火)

ジャカルタ湾の海上レストラン

00_muara_angke
北ジャカルタ・ムアラアンケ漁港に海上レストランを作るという着工式があった。レストランは2階建てで、広さは4458平方メートル、店舗29が最大で客500人を収容可能という。魚料理が心配なら町中で食べてることを思えばより新鮮だろうし何よりジャカルタベイの夕日などを拝みながら瞑想するのもいいだろう。
00_2009_1219_marina_indahdsc09512_2
昔、海の写真を取りに行ったFresh Market辺りかなとかKapuk Indah Golfとの位置関係を調べたいと地図でMuara Angkeを探しに出かけた。
00_pluit_pln

ムアラ・アンケはアンケ運河の河口だから少し上流で西洪水運河が合流するがその河口は又三つ程に分かれ右側に日系が納めたと思われる火力発電がある。大きく言えばプルイット地区で今は、あまり土地勘はないがプルイットの中心に多きなMall(Pluit Village)の前の道がPluit Indah Rayaでその北にPluit Utara Raya通りがありずっと海側に開拓で突き出した岬に密集するマリーナ別荘地Pantai Mutiaraがありその岬の根っこがこの火力発電である。この前の道Pluit Utara Rayaを西にとって行くと Bay Walk MallとかPasar Ikan Muara Angkeなどがある。この沖には多くの漁船などが係留しておりこの辺りかなと思われる。
このPUR通りを西進むと川とマンゴローブで消えるがPIR通りはどんどん西に進むとPIU通りとなり更にMarina Indahに入り左手にDamai Indah Golf(Kapuk)を見て
00_tzu_chi
ちょっと進むと中国仏教のTzu Chi 伽藍に突き当たる。ここから右手海岸にでるとここが昔海を拝みに来たFresh
 Marketである。驚いたことにここの沖には既に島が現出しており陸側もせっせとマングローブ林が陸地化しつつある。そのずっと向こうに昔冒険で見たみすてられた


サッカー場がある。Tzu Chiで右に取らず左に取ると湾岸高速のKamarエクスチェンジであった。
00_marina_bay
この冒険は約5時間であったがこの辺りは小生が一番好きなロケーションである。

| | コメント (0)

2017年8月19日 (土)

Sudilah kiranya Kumohon


自分の古いインドネシア語単語帳に今もってピンと来ない言葉があったので調べてみた。
言葉はSudilah kiranyaである。Googleでは;
英語がplease be assuredとある。
日本語では上記を訳し ご安心してください
独語でsein so gut wie ~のようによくあって欲しい
大学書林では なにとぞ~して下さい である。
Sudiは~の用意があるとか喜んで~するという意味でkiraは思いの意味だから語尾を付けると“思うにきっとあなたは~する気持ちがあるでしょう あってほしい”という割と強い気持ちがあるが、相手を慮っている様子がでてくる。用法的には:いくつか挙げると;
“Sudilah kiranya Anda membantu mereka.”彼らを助けてあげて下さい。
  きっと助けてあげるでしょう 
“Jika tidak keberatan,sudilah kiranya anda ikut kami”
  重荷にならなければ、あなたは我々と一緒にやってくれるでしょう。

どうもインドネシア人は誇りが高いので依頼するのに気を使っているようだが最後は強制されている自分がある。

面白い言葉があった。一つはSudi tak sudi=segen2 喜んではしない=遠慮すると上記の反対の意味になるか。
あと一つはkira-kiraは誰でも知っている通りだが、少し離れるとter-kirai-kirai 赤ちゃん言葉ではないが汚れなどを取るために広げて振るという意味らしい。
今でも使えるかしら


| | コメント (0)

2017年8月17日 (木)

Balai Pustakaは引っ越した

Balai Pustakaは古い国営企業」として昔ブログにした。この時はその住所が解らなかった時代であったがその後の発見を今日追注記した。発端はGoogle Mapで財務省の新しいニックネームが付けられた建物群を追っているときで、それにはラパンガン・バンテン側とワヒディン側と二つに分かれるが、そのワヒディン側のコンプレックスの真ん中にPuskurbuk Balitbang Kemdikbudという建物がありそれは財務省の持ち物でもなく、アドレスもワヒディンでなくグヌン・サハリとあったためである。
20170812_21


Googleでこれらの建物名をクリックしてもBad Gatewayとしか出なかったりしたが、Balai Pustakaのサイトがあり未だ生きており住所はJalan Bunga No. 8 - 8A Matramanであることが解り、この住所をmapに訪ねると住宅地であり施設的な建物は見当たらず、

最後はMapでBalaiから探すと出てきたのがこの写真である。あまり意味が解らない表現だと思うが、解説するとGoogle Mapはいつもかなり最新状況が維持されており、そのアップデートに古いエディションとかいくつかのMapがあり、住所検索のやり方でそれらのエディションがそれぞれ出てくるのではないだろうか その二つのエディションで当該物件の場所の表示マークが異なるだけで番地表示は同じであるので Balai Pustaka自体はこの写真の所に引っ越したのは確実だ。 
00balai_pustaka_jl_bunga

Balai Pustakaのサイトにその様なニュースもなく pindah(引っ越し)と引っかけても何も出てこなかったので手間取ったが、このGoogleからの借用写真を掲げたくブログにしたようなものである。
ここにはインドネシアの民話や説話や歴史など教科書風の安価な書籍があり、外国人には丁度良いと思われる。
尚グヌン・サハリの跡地には新しいビルがたっているが多分 Gedung Frans Sedaと思われるが又にしよう。

| | コメント (0)

2017年8月16日 (水)

忘れられていた経済政策

昨日第16次経済対策が近々行われるような報道があった。小生も第11次までは期待をもって待ち、受け入れてきたがもう終わりだろうと半分飽きてきつつある中、続いていたのである。あれから第12次も第13次も第14次も、第15次も発表されたが、何となくImproving、 enhancing、strengthenという言葉だけが踊っているだけであり、快哉を叫ぶような具体的内容はなかったようだ。 
16次はネガティブリストをいじるらしい。閉めては開ける資金集めの村人を思い出す。 ネガティブ・リストを色々いじる必要はない。1~2頁のリストで済んだ時代に元に戻してもらえればいいだけである。
もっと大事なのは現在既に産業界が提出している問題点の一つ二つだけでも解決してほしいものである。
罰則適用に走る、行き過ぎのe-Faktur行政だけでも考えてみたらどうだろうか
しかし岩盤規制という言葉で知った日本の省庁の規制だらけの内規を見ると偉そうなことは言えない。

| | コメント (0)

2017年8月15日 (火)

Puskurbuk Balitbang Kemdikbud?

前回の続きみたいなものであるがGoogle Mapで財務省の辺りを見ているとPuskurbuk Balitbang Kemdikbudと言う建物があり、この意味を問うクイズに出せばいい問題だとここに挙げるが 後ろから言うとKemdikbudはKementrianが大臣府でありdiklatは教育訓練のpendiklat、budはBudayaan文化の合体なので教育文化省の意味となり、BalitbangはBadan Penelitian dan Pengembangan 審査・開発庁とでもいうのか多くの省が持っている機関でこの教育文化省の他に、運輸省、法務人権相にもある。
最後がPuskurbukであるがこれはPusat Kurikulum dan Perbukuanであるが会計なのか図書なのかちょっとわからないが前のカリキュラムからすると図書なのだろうか 
00balai_pustaka
これを調べると住所はJl. Gunung Sahari Raya No.4である。思い出すことがあってKali Lio辺りで昔Barai Pustaka(国営出版社)を見に行ったことがある。あれは確か入口はGunung Sahari側である。このBalaiの敷地に、似たような建物がいくつかあり、それらもちゃんと写真に取っていた。今その建物の看板をよむと 最初のがBalai Pustakaで2011年8月撮影、
00_balai_p3210014
次が文部省 BALITBANG で2011年3月、
00_balai_p3210013

最後がPuskurbukでこれも2011年3月撮影で、同じ年に2回も来ていたのである。名前はみなフルネームで表示されている。やはりここは財務省ではなく教育文化省の敷地で従い入口や住所もGenung Sahariとなるのであろう。
しかし今日もこれだけの文章を書くのに調べもの・探し物で6時間もかかった。その最大の不思議はBalai Pustakaが消えていたからである。これについては疲れたので又にしよう。


| | コメント (0)

2017年8月14日 (月)

日系建設の槌音高し

ここ7~8月、ジャカルタで日本大手企業の不動産開発ニュースが集中した。今少し写真がぼやけているのでここで各社の写真コンテストをやってみよう。到着順ではまず、


Photo
*リッポーのチカランでの都市開発に三菱商事他多数参加 5,000haで人口1,500万人の「メイカルタ」の名称の第2のジャカルタ構想 三菱はこの一環として既にリッポーが建設中の322ha「オレンジ・カウンティプロジェクト」内の分譲住宅開発(1期分3.5ha 住宅12棟++)に参画

Daiwa_cipayung
*7/7 大和ハウス/TRIVOチパユン・シティ 高層12棟(5,000戸)
7月14日のブログで付近の観光案内は済んでいるので、今日はそのビル群の写真で
ある。  名前はサクラ なんとかにしたらしいが残念
   
25639b


*7/12 東急不動産と三菱商事 BSDにて 自社ブランド BRANZタワーマンション 
3棟(1,256戸)を上棟。全体で3,000戸の第1期分。


20170207_idr_itochu_mansion_w



*8/5 伊藤忠/清水建設/シナールマスと 空港方面のチェンカレンで エアリウムと言う名のマンション 32階建て2棟(626棟)及びタウンハウス18棟を建設、場所タマン・プルマタ・ブアナはシナールマスが既に開発した住宅地でアウターリング高速のKebon Jeruk近く。

170809_1





*8/9 森ビルはJKT一番のスディルマン通り ベンヒル地区にオフイスタワー 59F
 渋滞回避のための近くのスマンギ クローバーエクスチェンジに環状ブリッジを建設寄贈8月に使用開始


Posisi204

'
'

'


*7/22 ジャカルタで2020年までに新モール27ヶ所:イオンはNO2. ガーデンシティ、No.3 スンター、No.4 デルタマス迄行くか
写真は不動宣伝用写真を借用 サテどれが一番でしたか

| | コメント (0)

2017年8月13日 (日)

7月投資環境トピックスジャパン・不動産プロジェクト満開


*リッポーの都市開発に三菱商事他多数参加 5,000haで人口1,500万人の第2のジャカルタ構想(5月発表分)に続き;
*7/7 大和ハウス/TRIVOチパユン・シティ 高層12棟(5,000戸)
*8/5 伊藤忠/シナールマス チェンカレン マンション 32F x2+α
*8/9 森ビル ベンヒルにオフイスタワー 59F
*7/12 戸数1,256戸、BSD BRANZタワーマンション 上棟
*7/22 2020年までにイオンモールなど新モール27ヶ所:コリアーズ
*7/21 スマトラ縦断高速道建設への投資を日本に打診:高速道路管理庁長官。
*7/29 森ビル建設のスマンギ交差点の新高架道路の供用開始。

産業・企業活動も活発
7/11 SGWMWモーター(上海通用五菱汽車の現法)がGIICで工場開所、能力12万台
7/17 PLN、スマラン火力発電(78万kw)建設で丸紅・GEと契約、 投資4.8兆ルピア、
7/17 ヤマハ発動機、イで二輪車・全地形対応車(ATV)向けエンジン生産開始。
7/18 日本無線現法JRCスペクトラ・インドネシアが正式営業開始。
7/20 ANA、ジャカルタ朝発羽田夕方着便就航。
7/25 クラカタウ・ニッポン・スチール住金の自動車用鋼板チレゴン工場、投資3億ドル。
7/31 伊藤忠、現代らと南カリ火力発電(200MW)EPC受注、契約4億ドル、

経済改革は遅遅、社会不安は常態
7/18 デノミ法案、国会提出へ:財務相。
7/19 PTKP、州別最低賃金に合わせる案を検討中と租税総局長。
7/8  バンドンの民家で手製爆弾が爆発する騒ぎ、反テロ法違反容疑で逮捕
7/10 IS信奉イ人戦闘員、国内外に600人、国家警察が監視。
7/19 強硬派HTIの解散決定、パンチャシラに反すると法務人権省。強硬派デモ
7/20 大統領選挙法改正、議席20%獲得、得票率25%の政党 に足切り
7/21 麻薬犯は必要ならば射殺:国家警察長官の考えにジョコウィ賛同。
7/29 各地で計149人の中国人がサイバー犯罪の容疑、中国覚せい剤、密輸

| | コメント (0)

2017年8月11日 (金)

森ビルの環状ブリッジとりそなの動静

00risona_2014_2


森ビルの都心でのオフイスビル建設がとうとうニュースになった。そこは昔、りそな銀行があり、地の利もいいし駐車場もゆったりし行けばスタッフが手に取って手伝ってくれる思い出の土地であった。その後なぜかりそなはそこを転出し他のガトットスブロト通りのビルに移転したのでなぜだろうと思っていた。移転先のビルは警護も厳しいし銀行もサービスが悪くなったので口座を閉鎖したものである。
その頃のブログでは15年1月 9日で 「メイン通りから去ったのか日本企業」として、りそなが出た後はきっと森が来てりそなも戻ってくると踏んだのである。

20160409005643_2
その1年後、本当に森が出て来てスマンギで環状ブリッジが作る話になり、りそな跡地の森のプロジェクト推定は確度が上がったものであった。

スマンギはジャカルタ一の渋滞の場所であり、昔スマンギプラザの屋上からあふれかえる車の波の写真を紹介いしたが、今は地下では地下鉄或いは地下鉄駅の工事も進んでいた最中でこのブリッジは1年強で完成した。

00semanggi_mori_1_16arpr17
供出した森さんも偉いが工事を行った国営建設会社Wijaya Kayaも凄い。小生の日本の家の住宅のブリッジは10年以上もかかっている。

20170729001545_1
そしてこの8月からこのスマンギブリッジは使用できることになり、且つ昨日森ビルはりそな跡地にオフイスビルを作るプレスリリースがあったのである。
それによると2021年の完成を目指し、59階建て高さ266メートルのオフイスビルを建設する。施工は清水建設・Bangun Ciptaのジョイントオペレーションで、総事業費は500億円超の見通しという。 ちなみにブリッジはたったの30億である。(ジャカルタは安いなぁ)
オフイスタワーの高さではジャカルタではこの上があり、トップにはなれない。森ビルがやってくるのはりそな取り壊しを向かいのビルから眺めながら(2014年)思ってきたのだ。ビルの完成予想図は写りが悪いので別途コンテストに出してみることにした。


| | コメント (0)

2017年8月10日 (木)

マラミスビルで解った事

昨日は1日中グルグル探し物をしていたので遂に右手首に腱鞘炎を起こしてしまった。ウエブサイトには自分のものも含め多くの間違いがあるので、少なくとも複数の確認を取れないと事実確認はできない。結局1日で何も新発見はなかったがそのいきさつを書いて見よう。
問題はGedung Maramisに限ってみる。
*ジャカルタの史跡保存建物に「Gedung Maramis II は元、軍のコンコルディア会館で、現在はDPR議事堂を経て1960年に取り壊される」というものでマラミス会館ビルにNo. II があることは初めて見たわけである。
Aajun07_sundakelap_kota_053

それでMaramis II をサーチすると所謂ダンデルス会館やワルダナ会館ビルなどがヒットする。ここで色々見てみても特別な新発見はなく、過去に小生が確認したマラミス(IIのつかない)会館ビルこそ、あのダーンデルス会館ビル(本館)であることを財務省サイトで再確認し更にそれは2010年の法律で保存建物指定がされたという追加の証拠を得たのみであった。
Kantor_menko_ekonomi655x330

*Googleでマップの方を見るとマラミス会館ビルの名前は向かって右の6階建ての建物に付けられている。GoogleによるとこれがIIなのである。これは現在はワルダナ会館ビルである。このことは昨日も経済調整庁のホーム頁で再確認したので小生は自信がある。Googleマップも毎日変わって行く街並みをアップデートするのは不可能に近いものであり、修正忘れだと思うと多分そのような時代があったのであろうと慮ってあげることも出来る。つまり経済調整大臣府は昔ダーンデルス会館ビル本館に居た(財務省と同居)こともあるが、このワルダナ会館ビルは財務大臣が執務するビルとして6階建てで新築され、その時本館に続くのでMaramis IIとされていたのであろう。
*Google Mapは拡大すると建物の名前等詳細が出てくる。そして上記Maramis IIの横にGed.Wardhanaの名前も出てくる。そして同時に二つ表示されることもあるが建物自体は同じである。そして他省との合同教育訓練機関LPDPが表示されるがこれはワルダナ機関の2階とあるので2階だけの賃貸であろう見る。


2009_1206_123217dsc09094


*Maramis II があるならMaramis I もあるだろうと又サーチするとこれはGooglが勝手に綴り間違いとしてIIとして先ほどのMaramis IIの時と同じ結果になる。或いはまた地図を覗くと近くのモナス付近にMaramis Foundationという高いビルを発見した。これがそうかと胸躍ったがこれはボーイスカウトのオーディトリウムの裏であり、小生は過去にこれはボーイスカルト会館のものと断じていた。今回はそのビルの入り口や看板を探したがそのビルの裏側なチリウン河でありそこにアクセスするにはボーイスカウトオーディトリウムからでないと入れないように思えた。オーデトリウムは2階建ての大講堂みたいなもので付属的にたてられるもので且つここの講堂とビルの屋根のデザインが似ていることから一体のものであると判じた。
関連ニュースなどからも攻めたが日付がなかったりで事実関連性を追求できなかったこともある。
1日フイにして残ったものは腱鞘炎とは情けないが、1日も掛けること自体が自分の一瞬一瞬の物忘れに原因があることも十分わかっている。

| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

見習え ジャカルタ港湾ガルーダ・プロジェクト

Images666
NCICD(National Capital Integrated Coastal Development )と言っても解り難いので掲題の名にしたのであるが、これは2015年の年賀状に未来の夢で画像を借用したことがある。また自然破壊や漁業保護でマングローブの効用をブログもしたこともあるが、今回政府は一時伏せたプロジェクトを再スタートするようだ。実際には最初の最初のフレースの岸壁づくり4.5kmは60%ほと進捗している報道がある。そしてジャカルタは押し寄せる海面が年間7~14センチも上がっている事実を付けられるとこの計画の必要性は十分わかる気になる。
災害に対する日本の国土の脆さ、政府の拱手傍観にいら立つと、このインドネシアの果敢な挑戦の成功を祈りたくなる。

Ncicd
このプロジェクトは2030年完工で2~3段階に分けると現在の海岸線へのビーチ・ウオールと沖のシー・ウオールがあり、その中に出来るラグーンと17の人口島、シーウオールはその上を走る高速鉄道や道路網、それから新都市の開発からなるようだ。
沖のウオールはガルーダの羽を広げた形でチェンカレンとタンジュンプリオクをつなぐ32㎞である。ビーチウオールは20kmで、ラグーンは陸から流れてくる13の河川を受けてラグーンから沖へポンプ浄水する。
ガルーダ島の面積は4,000ha、17の首飾り島の面積は5,100haである。4,000haは米軍が返還する北部訓練場或いはドーム855ケ分らしい。 ここに工業地帯、商業地帯、居住区等々の都市が展開される。  その中でも首都移転は、それはそれで検討が進んでいる。
  


| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

日米イの冬の星座(要修正)

大統領宮殿保有のスカルノの絵画コレクションの展示会が又催されているとジャカルタ新聞が報じている。
Nasional_galari
前回ブログした時と同じナショナルガラリーで30日までであるが、展示会のタイトルは「スナンドゥン・イブ・プルティウィ」というのを目にして、それなら先週のブログのオランダ第二次侵攻の際、元空軍参謀スヨノのラジオ放送でスデルマンの言葉と共に流した歌謡が「Ibu Pertiwi」と言うものだったことを思いだした。この歌でインドネシアの子供たちや青年・ラスカルがオランダへの戦いをぶっつけたという事件エピソードがある。プルチウィと言うのは地上をつかさどる女神の意味らしいが、展覧会のタイトルがこれとどう関係するかは不明ながら、画才のあるスカルノが流刑されたフローレスで描いた風景をインドネシアのトップ画家バスキ・アブドゥルが描いた「フローレス島」があるからであろうか。他には同じバスキの作品「ニャイ・ロロ・キドゥル」や、トップのトップのラデン・サレーの「水を飲むトラ」があるそうだ。
所でこのIbu pertiwiの歌をYouTubeで聞いて見るとなんと懐かしい「星の世界」である。先々週のMy Favoriteカンツリーのブログで書いたWhat a Friend we have in Jesusと同じで偶々昨日ギターで弾いた練習曲であった。これらの歌詞はすぐ取れるのでIbu Pertiwiの歌詞を少し転記しておこう。
Kulihat ibu pertiwi
Sedang bersusah hati
Air matanya berlinang
Mas intannya terkenang
Hutan gunung sawah lautan
Simpanan kekayaan
Kini ibu sedang lara
Merintih dan berdoa
イスマイル・マルズキ作とあったが歌詞の方だろう。

歌い出しは“月なきみそらに きらめく光”で英語では“ What a friend we have in Jesus” 原曲はアイルランドのコンヴァース作曲『Erie(エリー)』で 或いは「いつくしみ深き」ともいう賛美歌のひとつ。賛美歌を作詞したのはアイルランド人ジョセフ・スクライヴェン (1819 - 1886) である。
「母君にまさる」ともいうタイトルがある通り、インドネシアの独立戦では 母の呼びかけで母なる国土防衛に立ち上がる情景が良く表れている。
よく似た曲で間違いやすい「冬の星座」がある。これはアメリカの作曲家ウィリアム・へイスによる1871年の歌曲『Mollie Darling(Molly Darling)』でこのモリーダーリンも昔良く歌ったが、歌い出しは“木枯らし途絶えてさゆる空より” 英語の方の歌いだしは Won't you tell me Molly Darling でエディ・アーノルドの歌がなつかしい。 アメリカのウィリアム・へイス作詞作曲による1871年の歌曲である

| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

労働者への警告と解雇と一時停職

インドマルコ社 「インドネシア企業経営」 7月号には、労働者への警告と解雇と一時停職を行う際の留意事項をまとめています。或いはザカートについての考察も参考になります。
その他、この月でキャッチした会計、税務,、労務、貿易、金融、産業、経済、企業、政治等のインドネシアで経営する企業が関わる全ての分野の重要法令など満載しています。
この購読の他、毎週法令ニュースなどをE-mailでお届けするサービスもあるので、是非ご連絡ください。 他に会社運営に必要な会計記帳・経理指導、税務計算申告代行、投資関連許認可・変更事項の法務セクレタリ-なども個別フイーにて提供しております。どうぞご利用ください。
詳しくはウエブサイトwww.indonesialink.net/indomalco/或いはメールアドレスrisa@indomalco.com又は   kitamura@indomalco.comに照会下さい。 
1. 今月の経営情報・事例研究 枚 頁
  1 ) インドネシアの 今月の税務法令アップデート 3 2
  2 ) インドネシアの 今月の経済法令アップデート   6 5
  3 ) インドネシアの 「会計原則 217~固定資産 3」 4 11
  4 ) インドネシアの ジャカルタの自動車税 3 15
  5 ) インドネシアの 金属スクラップの輸出規制 2 18
  6 ) インドネシアの 警告と解雇および一時停職 2 20
  7 ) インドネシアの ザカートについて思う 4 22
  8 ) インドネシアの 検疫所における動植物の検疫の改訂 3 26
  9 ) インドネシアの 州別総覧 その1 3 29
  10 ) インドネシアの 首都における地下水税の徴収 2 32
  11 ) インドネシアの 作物製品の輸入規制の改訂 3 34
  12 ) インドネシアの 今月の労働関連トピックス 2 37
  13 ) インドネシアの BEPS とOECDの15項目BEPS行動計画 その2  3 39
  14 ) インドネシアの 化粧品の廃棄手順 2 42
  15 ) インドネシアの 書籍に関する法律 4 44
   
2. 今月の政治・経済情報      
  1 ) 2017年6月度 下旬 政治・経済トピックス メール配信 2 48
  2 ) 2017年7月度 上・中旬 政治・経済トピックス メール配信 3 50
  3 ) 物価・貿易2017年7月発表 メール配信 1 53
   
3. 暮らしの随筆・その他  
  1 ) 「明日の街角138~再訪したい山形の旅」  橋本政彦 3 54
  2 ) 「武蔵国の古社巡り」 広沢 勉 3 57
  3 ) 「インドネシア 州の成立 その1」 西見恭平 5 60
   
4.今月の金融・経済関連データ  
  1 ) 今月の月次経済指標 2016-2017トレンド メール配信 2 65
  2 ) 今月の会計・税務用換算レート メール配信 1 67
  3 ) 今月の為替株式金利の動き メール配信 1 68
      ニュース性のものについてはご希望の方にメール配信もしています。    

00foto_cover_indomalco_july_2017_2
表紙写真:東ジャワ州マランの中心広場アルンアルン前に建つジャミ・マラン大モスク。建設は1890年に始まり、1903年に完工した。ジャワとアラブの建築様式が混在する美しいこのモスクは、スラバヤのスナン・アンペル・モスク、パスルアンのジャミ・モスクと共に東ジャワの3大モスクに数えられている。

発行:PT. Indomalco Info Center
Plaza Sentral 5A Floor, Jl.Jend.Sudirman No.47, Jakarta 12930, Indonesia
TEL: (+62-21) 570-9767, 570-9768(直通), Fax:570-9769, 574-1923
E-Mai:risa@indomalco.com, 筆責:北村、兼松、西見
ホームペイジ:www.indonesialink.net /indomalco/

|

2017年8月 4日 (金)

インドネシアのKEK経済特区はリゾート

00swiss_bell_jtba_paru_fb2246_z
この間からインドネシアの各州の成立歴史を訪ね歩いていたが昔の経済特区はどうなったのだろうかと頭をよぎっていた。昔は KAPETと言い小生はその指定地や特区の便宜を文書化していたので、当時のリストはすぐ出せる。当時は独立したチモールが入っていたので15ケ所であったが、すべてが外島である。
1.- Natuna :西カリマンタン、ナツナ諸島
2.- Biak :イリアンジャヤ ビアク島
3.- Batulicin :南カリマンタン
4.- Sanga-Sanga:Samarinda、Balikpapan東カリマンタン
5.- Sanggau:Sanggau、Sambas、Pontianak西カリマンタン
6.- Manado-Bitung:北スラウエシ
7.- Mbay :Mbay、Ngada NTT州 フォローレス島
8.- BUKORI:東南スラウエシ州 Buton、Kolaka、Kendari
9.- Batui:中部スラウエシ州、Batui県
10.- Kahayan、Kapuas、Barito River 中部カリマンタン
11.- Sabang:アチェ州
12.- Seram:マルク州、Masohiを中心地としたSeram島及び周辺諸島
13.- BIMA:ヌサ・テンガラ州、Bima県、Rasanae
14.- Pare-Pare:西スラウエシ

これらは先に名前だけが先に出て開発が後になり、だれも投資者はいなかったというのだろうか。これは1996年頃であり、その後同じ特別経済地域(KEK)が制度化されたがその時も先に名前があった。中にはもう観光地化された土地バンテン州もありブログにしたが、外島を挙げると
2012年政令第29号  セイマンケイ経済特区(北スマトラ州)
2014年政令第31号  パル経済特区(中部スラウェシ州)
2014年政令第32号  ビトゥン経済特区(北スラウェシ州)
2014年政令第50号  モロタイ経済特区(北マルク州)
2014年政令第51号  タンジュンアピアピ経済特区(南スマトラ州)
2014年政令第52号  ロンボック・マンダリカ経済特区(西ヌサトゥンガラ州)
2014年政令第85号  トランス・カリマンタン・マロイバトュタ経済特区
2016年政令第6号  タンジュンクラヤン経済特区(バンカブリトゥン州)
2016年政令第31号  ソロン(西パプア)
がある。なんと同じものはビトンだけのようで不思議の感じを受ける。つい先日のニュースでこの内「中スラ州とロンボクの経済特区が月末稼働へと動き出す話で又なぁんだと驚いた。しかし実際投資計画を持ち込んだ外国企業もある話で、それが又なぁんと韓国の発電所であの騒動のパル市で投資額も6兆ルピア(600億円弱)というから先見の明にも驚きであった。KAPETの時代は投資認可簡素化は当然ながら租税・関税の軽減・不徴収の租税便宜が中心であったがKEKは出入国管理、土地問題などもあるそうだ。インドネシアのKEKにするかミャンマー・カンボジヤにするか思案のしどころだ。
写真はパルのホテル JTBのサイトから借用した。 辺境地はリゾートでもある(なりうる)。

| | コメント (0)

2017年8月 3日 (木)

鳥居とガプーラの共通点

00_pintu_jalan_awal
インドネシアでは或るカンプンや地区に入る道々で必ず門がある。入口だからPintu Gerbangとでも言おうか色々デザインや工夫されたものがあり、良く写真に収めたものだ。これにはドアや鍵があるものではないので日本では鳥居を思い出す。鳥居は神域と俗世界を分けるもので道はせいぜい参道だけであるが

Bsdb2_2008_mar_082
インドネシアのは地域をつなぐ道で境を表すので戸はない。施設にもそういう門はあるが個別の住宅や施設の入り口なので門番がいるか開閉装置があるのが多くなる。インドネシアと日本の事ばかり考えていたがパリにも中国にもどこでもあり、特別な謂れはあまり論述できるののではない。日本人のかたにバンドンなどで日本の鳥居があるはずだと尋ねられたが見つけることはできなかった。
Surabaya7
しかし当時のスラバヤにあった鳥居の写真はあった。

Toriigatedidepanbentengvredeburg
又ジョグジャでのジャパンウィークで大きな鳥居を建設した話やインターネットを見るとインドネシア人の鳥居に対する関心も高いことを感じた。そして色々考えると日本とインドネシアのそれに決定的共通要因を見つけた。それはインドネシアの割れ門Gapuraに見るようにそこには開閉装置はなく基本自由に出入りできることである。凱旋門などは本当は城門で、イベントのため作ったもので飾りである。


| | コメント (1)

2017年8月 2日 (水)

続 スヨノとスポノ


昨日のブログでスポノについては何も書いてなかったが、小生のブログでは既に登場していた。
00_garuda
それは「ガルーダの誕生秘話のスポノ」というもので1984迄16年ほど長くガルーダの社長であったがそれより先、ガルーダの誕生となった最初の飛行機はダコタ機であるがこの飛行機の引取は彼が飛行士として行ったことを紹介している。そうするとスヨノの説明も物足りないので探してみると1948年のオランダの第2次侵攻の時、スカルノハッタはジョクジャでオランダ軍に拘束されたがこれがあることを見通して緊急政権(Pemerintah Darurat PDRI)を組成して1949年ブキットティンギで宣言させたのである。その首長はSyafruddin Prawiranegaraであり、このスヨノは空軍の参謀長であった。このPDRIの軍はスディルマンを国軍司令官に、スマトラ軍はヒダヤット将軍を前面に、そしてスヨノ達による空軍のラジオ放送で未だインドネシアは健在なりと知らしめた訳である。ニューデリーとシンガポールが国連交渉を仲介し又スヨノとスポノは海外より資金援助を働きかけた。

|

2017年8月 1日 (火)

チリリタン事件のスヨノとスポノ

手持ちのインドネシア年表に1955年12月14日つけでPeristiwa Komodor Muda Udara Suyonoと言うのがあり、小生がコレクションしている3文字男性名だと飛びつき、ある話に出会いました。なんの意味もないがアップしておきたい。
Halim_au
「陸軍の歴史だけでなく空軍の発展においても内部抗争は起こった。事件の最初は将官会議でそれは空軍准将(? 准コモドール)Hurbertus Suyono と空軍将官コモドールのWiweko Suponoの間で空軍参謀長KSAU Suryadi Suryadarmaの指揮に付いての批判から起こったものである。
それは参謀長は多くの将官の育成でオランダと比較し日本の方式を好んでいたのであるが、これにスヨノが批判し、空軍本部はスヨノを召喚し海外で学ぶように命令、罰則を与えられたと思った彼は国防省や国会国防委に訴え、彼がしたことは空軍の良かれと思ったと説明したがむしろ事態は悪化、自宅軟禁とされた。しかし内閣がハラハップに代わると風向きが変わり新内閣は彼に副空軍司令官のポストを与えこれがより深刻な対立をもたらしたようです。
1955年12月14日には、空軍Cililitan基地での就任式で大臣がsutoyoの宣誓をうけるとき兵士の一団がやってきて同意しないと叫びました。スポノ士官も襲われ就任式は失敗に終わりました。司令官は辞任を申し出ましたが大統領は受け付けず、副司令官の席は当分空席とされたということである。
スポノも初めての名前でこれで二人に似た名前はスヨトやスポモがいるが全体では14人になった。
この話はSenagung Wakutuにあったものだが、作者は元軍人かちょっと見ても以下が目に付いた。
 SURAT BERTINTA DARAH DARI OTO ISKANDAR DI NATA, S...
 FITNAH PKI TERHADAP BUNG TOMO
 AIDIT BENCI HATTA

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »