« 生まれ変わるフランスセダ | トップページ | 租税条約の適用ガイド完全邦訳  »

2017年8月25日 (金)

Gedung Notohamiprodjoって知ってる?

まだまだ財務省のコンプレックスのン中には知らない間に知らない名前が付いた建物がある。
00_notohamiprojo_googl
Gedung RM. Notohamiprodjoである。google Mapで検索すると新財務省コンプレックスの入口すぐの左手の建物が指される。

00_notohamiprojo_prawiro_departemen

これは小生が最初に訪れた時真ん中の噴水池の前の建物 Gedung Prawiroとセットのものと思われる。そして昔ここにコンコルディアクラブがあったと推定したが今それは不確かでもっとダンデルス寄りかもしれない。この建物の人物はちゃんと財務大臣列伝に名前を残しておりダブりなどを調整して第12代 1962/3から1963/11で
他に前後して副大臣や金融分野調整大臣、副首相、インドネシア第1次収入・資金・監督大臣、アドバイザー補佐官インドネシア基金&強化事務総裁を兼務したりしている。この1961年から1969年は国家開発第1次計画中でデノミや預金凍結などを行った。彼はその前は国営ブミプトラ生命を担当していた。

サテこの名前で人々に何か貢献できるだろうか。


|

« 生まれ変わるフランスセダ | トップページ | 租税条約の適用ガイド完全邦訳  »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生まれ変わるフランスセダ | トップページ | 租税条約の適用ガイド完全邦訳  »