« 労働者への警告と解雇と一時停職 | トップページ | 見習え ジャカルタ港湾ガルーダ・プロジェクト »

2017年8月 7日 (月)

日米イの冬の星座(要修正)

大統領宮殿保有のスカルノの絵画コレクションの展示会が又催されているとジャカルタ新聞が報じている。
Nasional_galari
前回ブログした時と同じナショナルガラリーで30日までであるが、展示会のタイトルは「スナンドゥン・イブ・プルティウィ」というのを目にして、それなら先週のブログのオランダ第二次侵攻の際、元空軍参謀スヨノのラジオ放送でスデルマンの言葉と共に流した歌謡が「Ibu Pertiwi」と言うものだったことを思いだした。この歌でインドネシアの子供たちや青年・ラスカルがオランダへの戦いをぶっつけたという事件エピソードがある。プルチウィと言うのは地上をつかさどる女神の意味らしいが、展覧会のタイトルがこれとどう関係するかは不明ながら、画才のあるスカルノが流刑されたフローレスで描いた風景をインドネシアのトップ画家バスキ・アブドゥルが描いた「フローレス島」があるからであろうか。他には同じバスキの作品「ニャイ・ロロ・キドゥル」や、トップのトップのラデン・サレーの「水を飲むトラ」があるそうだ。
所でこの歌をYouTubeで聞いて見るとなんと懐かしい「冬の星座」である。これはアメリカの作曲家ウィリアム・へイスによる1871年の歌曲『Mollie Darling(Molly Darling)』でこのモリーダーリンも昔良く歌ったが、先々週のMy Favoriteのブログで書いたWhat a Friend we have in Jesusとも同じでこちらは昨日もギターで弾いた練習曲であった。これらの歌詞はすぐ取れるのでIbu Pertiwiの歌詞を少し転記しておこう。
Kulihat ibu pertiwi
Sedang bersusah hati
Air matanya berlinang
Mas intannya terkenang

Hutan gunung sawah lautan
Simpanan kekayaan
Kini ibu sedang lara
Merintih dan berdoa
イスマイル・マルズキ作とあったが歌詞の方だろう。
と、ここまで書いてこれは“冬の星座”ではないことを発見した。道理で歌えないはずだ。こちらは同じく古い、明治43年の文部省唱歌の“星の世界”で、原曲はアイルランドのコンヴァース作曲『Erie(エリー)』で讃美歌の一つであった。
「母君にまさる」ともいうタイトルがある通り、インドネシアの独立戦では 母の呼びかけで母なる国土防衛に立ち上がる情景が良く表れている。
やっぱり書かないと又間違いそう

星の世界 =月なきみそらに きらめく光  What a friend we have in Jesus 敢て アラン・ジャクソン

冬の星座=木枯らし途絶えてさゆる空より Won't you tell me Molly Darling エディ・アーノルド


|

« 労働者への警告と解雇と一時停職 | トップページ | 見習え ジャカルタ港湾ガルーダ・プロジェクト »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 労働者への警告と解雇と一時停職 | トップページ | 見習え ジャカルタ港湾ガルーダ・プロジェクト »