« オープン延期のKEK特区 | トップページ | Gedung Notohamiprodjoって知ってる? »

2017年8月24日 (木)

生まれ変わるフランスセダ

新財務省のコンプレックスの奥にGedung Frans Sedaというのがある。

00balai_pustaka_lama_8
住所はやはりWahidin No.1である。やはりとしたのは奥の左手はすぐGenung Sahari通りとなりそこからの入り口に昔Balai Pustakaとか教育文化省関連の建物が都合三つあったのだが先般ブログの通りその中心である肝心のBalai Pustakaが消えていたのでこれが建て替えられたものだと推定した。
20170813_3

Gedung Frans Sedaというのは金融予算。リスクマネジメント総局が入っているビルで財政リスク管理局1階、国債局で4階、イスラムシャリア金融局が5階、外国政府の無償借款局が6階、会計評価局7階、国家支出戦略・ポートフォリオ局が8階などの仕事をそれぞれの階でやっている。どちらも8階建てであるが、今思うとこの階数は日本と同じ数え方でGround Floorは1なのであろうか
43276334
フランスセダとは、元財務大臣故この建物の名前に付けられたのであるがこの方はここぞというときに登場してくる何となくほっとする人柄のように見受けられる。小生の頭の中では待ってましたのNTT州マウメレ出身の政治家で幅広く活躍し2009年12月31日に83歳で亡くなっている。州都マウメレの飛行場には彼の名前が付けられている。

スカルノからスハルトへ移る時代に農業、財務、運輸各大臣を引き受け、難局を乗り切った。食料不足の困窮をコメの増産で救い、650%のインフレを均衡予算で収束させ、後に親友エミール・サリムが金融の英雄と呼んだ。
68年から73年は特にバリを含め東インドネシアの観光開発に意を用いた。以降ヨーロッパの大使や諮問機関DPAを歴任し カトリック党やPDI党での活動後、スハルト崩落後はハビビ大統領やメガワテ副大統領の助言者として呼ばれたりした。
その間の活動を補足しようとすると紙数が足りないほど広い分野にわたり多彩である。例えばGramedia グループ、バイエル、Phillip BAT等々の監査役やAPI繊維協会総裁、英国、米国 , 豪州、日本、オランダなどとの経済協力活動、更に アトマジャジャヤ大学や教育財団PPMを設立自ら教壇にたち、2度にわたってローマ法王を迎え、各国からの叙勲も数えきれない。しかしこのフランス・セダ会館はどう見ても昔のバライ・プスタカのビルの構造のままでその場所に立っているとしか見えない。


|

« オープン延期のKEK特区 | トップページ | Gedung Notohamiprodjoって知ってる? »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オープン延期のKEK特区 | トップページ | Gedung Notohamiprodjoって知ってる? »