« 続 スヨノとスポノ | トップページ | インドネシアのKEK経済特区はリゾート »

2017年8月 3日 (木)

鳥居とガプーラの共通点

00_pintu_jalan_awal
インドネシアでは或るカンプンや地区に入る道々で必ず門がある。入口だからPintu Gerbangとでも言おうか色々デザインや工夫されたものがあり、良く写真に収めたものだ。これにはドアや鍵があるものではないので日本では鳥居を思い出す。鳥居は神域と俗世界を分けるもので道はせいぜい参道だけであるが

Bsdb2_2008_mar_082
インドネシアのは地域をつなぐ道で境を表すので戸はない。施設にもそういう門はあるが個別の住宅や施設の入り口なので門番がいるか開閉装置があるのが多くなる。インドネシアと日本の事ばかり考えていたがパリにも中国にもどこでもあり、特別な謂れはあまり論述できるののではない。日本人のかたにバンドンなどで日本の鳥居があるはずだと尋ねられたが見つけることはできなかった。
Surabaya7
しかし当時のスラバヤにあった鳥居の写真はあった。

Toriigatedidepanbentengvredeburg
又ジョグジャでのジャパンウィークで大きな鳥居を建設した話やインターネットを見るとインドネシア人の鳥居に対する関心も高いことを感じた。そして色々考えると日本とインドネシアのそれに決定的共通要因を見つけた。それはインドネシアの割れ門Gapuraに見るようにそこには開閉装置はなく基本自由に出入りできることである。凱旋門などは本当は城門で、イベントのため作ったもので飾りである。


|

« 続 スヨノとスポノ | トップページ | インドネシアのKEK経済特区はリゾート »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

いつもインドネシア情報を楽しみにしています。貴殿の博学とインドネシアに対する愛情に感心いたします。
ところで、ここに「スラバヤの神社」の写真紹介があり、あわせてこのような日本神社や鳥居がインドネシアにあったとは知りませんでした。ただほかの本を読むとどうやらバタビアやバンドンやマランなど10か所ぐらいにあったようですね。
お聞きしたいのは、、、このスラバヤの神社とはマランの神社は同じものでしょうか?スラバヤとマランはわりと近距離ですので、このような疑問が出たのです。それともスラバヤの神社とマランの神社は別のものですか?  またもう当時の神社はすべて壊わされているのでしょうか?
お手数ですが教えていただけませんでしょうか。
どうかよろしくお願いいたします。
末筆ですが貴殿のますますの御健勝をお祈りいたします。

井上 勝

投稿: イノウエ マサル | 2017年9月 4日 (月) 15時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続 スヨノとスポノ | トップページ | インドネシアのKEK経済特区はリゾート »