« マラミスビルで解った事 | トップページ | 7月投資環境トピックスジャパン・不動産プロジェクト満開 »

2017年8月11日 (金)

森ビルの環状ブリッジとりそなの動静

00risona_2014_2


森ビルの都心でのオフイスビル建設がとうとうニュースになった。そこは昔、りそな銀行があり、地の利もいいし駐車場もゆったりし行けばスタッフが手に取って手伝ってくれる思い出の土地であった。その後なぜかりそなはそこを転出し他のガトットスブロト通りのビルに移転したのでなぜだろうと思っていた。移転先のビルは警護も厳しいし銀行もサービスが悪くなったので口座を閉鎖したものである。
その頃のブログでは15年1月 9日で 「メイン通りから去ったのか日本企業」として、りそなが出た後はきっと森が来てりそなも戻ってくると踏んだのである。

20160409005643_2
その1年後、本当に森が出て来てスマンギで環状ブリッジが作る話になり、りそな跡地の森のプロジェクト推定は確度が上がったものであった。

20170729001545_1
そしてこの8月からこのスマンギブリッジは使用できることになり、且つ昨日森ビルはりそな跡地にオフイスビルを作るプレスリリースがあったのである。
それによると2021年の完成を目指し、59階建て高さ266メートルのオフイスビルを建設する。施工は清水建設・Bangun Ciptaのジョイントオペレーションで、総事業費は500億円超の見通しという。 ちなみにブリッジはたったの30億である。(ジャカルタは安いなぁ)
オフイスタワーの高さではジャカルタではこの上があり、トップにはなれない。森ビルがやってくるのはりそな取り壊しを向かいのビルから眺めながら(2014年)思ってきたのだ。ビルの完成予想図は写りが悪いので別途コンテストに出してみることにした。

|

« マラミスビルで解った事 | トップページ | 7月投資環境トピックスジャパン・不動産プロジェクト満開 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マラミスビルで解った事 | トップページ | 7月投資環境トピックスジャパン・不動産プロジェクト満開 »