« Balai Pustakaは引っ越した | トップページ | ジャカルタ湾の海上レストラン »

2017年8月19日 (土)

Sudilah kiranya Kumohon


自分の古いインドネシア語単語帳に今もってピンと来ない言葉があったので調べてみた。
言葉はSudilah kiranyaである。Googleでは;
英語がplease be assuredとある。
日本語では上記を訳し ご安心してください
独語でsein so gut wie ~のようによくあって欲しい
大学書林では なにとぞ~して下さい である。
Sudiは~の用意があるとか喜んで~するという意味でkiraは思いの意味だから語尾を付けると“思うにきっとあなたは~する気持ちがあるでしょう あってほしい”という割と強い気持ちがあるが、相手を慮っている様子がでてくる。用法的には:いくつか挙げると;
“Sudilah kiranya Anda membantu mereka.”彼らを助けてあげて下さい。
  きっと助けてあげるでしょう 
“Jika tidak keberatan,sudilah kiranya anda ikut kami”
  重荷にならなければ、あなたは我々と一緒にやってくれるでしょう。

どうもインドネシア人は誇りが高いので依頼するのに気を使っているようだが最後は強制されている自分がある。

面白い言葉があった。一つはSudi tak sudi=segen2 喜んではしない=遠慮すると上記の反対の意味になるか。
あと一つはkira-kiraは誰でも知っている通りだが、少し離れるとter-kirai-kirai 赤ちゃん言葉ではないが汚れなどを取るために広げて振るという意味らしい。
今でも使えるかしら


|

« Balai Pustakaは引っ越した | トップページ | ジャカルタ湾の海上レストラン »

インドネシア語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Balai Pustakaは引っ越した | トップページ | ジャカルタ湾の海上レストラン »