« ダンデルス宮殿地の所有者 その2 | トップページ | Villa Nova 最終回 »

2017年9月18日 (月)

Pekojanでも憩える

Pekojan_nov_08_072
先週のLanggar Tinggi・Pekojanの続きであるが、Pekojan地区は地区内部には昔1度しか入ったことはないのでよくわからないが
20170918
Toko Tiga通りにつながるLangar Tinggiの運河添いの道はTubagas Angkeであり、あと一つ北の大通り はBandengar(Utara/Selatan)通りと言いその向かう先はJalan Kopiとつながり、東はAngke、Duriからタンゲランやボゴールに向かう線路が走っている地区である。Tambora郡のPekojan街となるのであろうがこの北地区と南地区を合わせた大きな地区で昔からアラブやインド人が入って来た混合の街である。


20170910_1
Bandengar Utara通りには珍しく日本料理店がある。名前はえびすやと言い現地系みたいではあるが本式である。試しに憩ってはどうだろう。Pekojanも落ち着いた美しい街である。
宣伝の序にGoogleからの店の写真とマップを借用した。


|

« ダンデルス宮殿地の所有者 その2 | トップページ | Villa Nova 最終回 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダンデルス宮殿地の所有者 その2 | トップページ | Villa Nova 最終回 »