« Sutikno Slametさんは | トップページ | 特別急襲隊Raiders »

2017年9月21日 (木)

タナ・アバンの大統領警護隊

00paspampres

Petojoの墓碑公園に入る道はJl.Tanah Abang 1 であるがその手前のJl. Tanah Abang 2 に、こんな所に?というような軍の施設がある。
門に書かれているのがMarkas Kommando Pasukan Pengamanan Presidenとあるので訳すと大統領警護隊司令本部となる。今更感心するが単語の並びが日本語と全く逆だから最後の大統領があって初めて戦闘組織ではないことが解る。英語ではPresidential Guard Command Headquartersとなりこれも不思議と日本語と同じである。何故またこんな所にという疑問はある。この組織が出来たのは早く1946年1月3日が発足記念日となっている。
PETAの特務工作隊がの流れがあるようだ。それは正副大統領はジョグジャに避難しジョグジャを首都にした時である。オランダの軍事的圧迫が強くなり大統領に危険が迫った時国家官房のPringgodigdoが整えたものである。その後スカルノには5回の暗殺襲撃に見舞われたが4回目の後、ナスチオン参謀長の提案でスカルノ警護連隊Tjakrabirawaが編成された。 これは今までの警察の配下のグループだけでなく陸海空軍からエリートを集めた分遣隊で初代はあのサブールが務めた。スカルノ失脚後、このチャクラビラワは陸軍憲兵タスクフォースに編成替えとなった。その後も2度程編成・名称が変更し現在に至る。
それは現大統領だけでなく副大統領も元正副大統領もその家族を含め警護する或いは国賓も対象となるからである。現在の名称の省略形はPaspampresであるがそれ以前はPaswalpresや Satgas Pomad Paraと呼ばれいた時代もある。上部機関は現在PANGABの直接配下となっており4グループに分かれている。ここの敷地はLapangan Hitam Mako Paspampresと言われMakoとはMarkas Kommandoなることは推定できるがHitamは何が黒いのか解らず仕舞いだった。


|

« Sutikno Slametさんは | トップページ | 特別急襲隊Raiders »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sutikno Slametさんは | トップページ | 特別急襲隊Raiders »