« アイリッシュ 沖の島 | トップページ | 始まるe-源泉徴収 »

2017年9月30日 (土)

危険なカリバタ?

先週カリバタで高校生の決闘があったようだが3人ほどは逃げて3人を捕まえたが通りがかっただけなのか釈放された。現場には鋭利な鎌などの武器が遺されたが、おぞましいお守りJimat(クリスや獣の爪など?) もあるという。
03apartemenkalibataimg_26491_prev_2

カリバタでは関心があるためか良く犯罪のニュースに出くわす。ここに大きな高層アパートが林立する大きなKalibata Cityというスパーブロックがあるが、ここで若い女性が複数の男どもに惨殺された事件があったし、ここはオンラインを使った何かの巣窟だったらしく手入れがあったこともある。

Kalibata CityはPodomoroグループが開発の主体でGreen Palace が8棟、Kalibata Residenceが6棟、Kalibata Regencyが3棟と3区分してを開発した。棟の名前はPalem, Tulip, Sakura, Raffles、Nusa Indah、Mawar、Lotas、Akasia、Borneo、Cendana、Damar、Ebony、Flamboyan、Gaharu、Kemuning, Herbras、Jasmineという全体で17棟である。 Bakrie グループの Kuningan Taman Rasunaアパートも17棟で同じような植物の名前だった。 
借用した空中写真を見ると良く分かるが 奥面(実際はこの間のっトリガ両者の正面になるが)に大きなDPRの官舎?群が広がり左手は大きな池を隔てた国家英雄墓地で、
00_kalibata_mall


右手はKalibata Shopping Mallで、官舎群の手前で、道を隔てCityと対峙しているのが税務署などがいくつかある。 PMA外資企業担当税務署、駐在員事務所担当のBadora事務所、石油ガス担当税務署である。


00karibata_badorafeb14_8

|

« アイリッシュ 沖の島 | トップページ | 始まるe-源泉徴収 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アイリッシュ 沖の島 | トップページ | 始まるe-源泉徴収 »