« DJKN、プラパタン10グループの根城 | トップページ | Raffles Squareにもっと期待 »

2017年10月 9日 (月)

6万もあるイ国文化遺産

Borobudur_card1
教育文化省のペイジによるとインドネシアには6万もの文化遺産Cagar Budayaがあるそうである。のっけっから驚く話であるが、それには遺産として登録年度ごとのアイテム数があるが2015年と2016年度の登録数が2万台である。別の表で合計が14,000とか、いくつもの数字がありご丁寧に年度ごとのグラフ迄あるがお互いの関連が不明でなんのことやらわからなかった。。さらにマウスを動かすとかろうじて、それらしい数字の1,400アイテムが出てきたが、今度はこれが100頁にわたり写真付きで表示が試みてあるが、残念ながらリストがなかった。その上なぜか写真がないものも多い。従いこれをここに紹介表示することはできないし州別の表示もないので、Wikiで見てみるとアチェ州は50のリストから始まっていて、これだと思うと、これまた多くの州がブランクである。ジャカルタもブランクに見えたが、
00station
よく見ると一つだけStasiun Jakarta Kota があった。ジャワ島全体で言うと5つしか記載がない。Cagar Budayaというのは昔から認定されていたものであるが、2010年に法律第11号文化遺産法が出来、昔の物を取り消してしまったようだ。登録は個人所有でも可能であり町村役場で受け付けており、これがあの数字になったのであろうか。又国レベルでは省の審査機関があり、これが認定したのが1,400の数字のようだ。州レベルの認定などは州の機関が行うはずだが、州は昔からやってきているので、この法律を無視しているのかもしれない。しかしこの法律は違反の罰金が種々なるケースで定められ最高15年懲役の50億ルピア罰金迄あるので気を付けなければならない。
このサイトの圧巻は国宝レベルのCagar Budaya Peringkat Nasionalが102件の素晴らしい写真と十分な説明があることだ。二つほど借用する積りだったがやめてマイアルバムから持ってきた。しかし上述1,400アイテムについても写真があるものは使えるだろう。


|

« DJKN、プラパタン10グループの根城 | トップページ | Raffles Squareにもっと期待 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DJKN、プラパタン10グループの根城 | トップページ | Raffles Squareにもっと期待 »