« Raffles Squareにもっと期待 | トップページ | ニュース続発:喜怒こもごも »

2017年10月11日 (水)

Cagar budayaの分類毎件数

Cagar Budayaの文化省のサイト評価で書き忘れたことがある。それはCagar Budayaの内容である。英語で引くとcultural heritage であり、文化遺産であるが日本では文化財との範疇で国宝、重文から 無形の民族文化財まで(現在総指定数は2万件)であるが、インドネシアで以下の区分で1400アイテムを構成している。
00tugu_2009_1018_135928dsc08659

Benda:45件:文化物 ?と言おうか宝冠、像、或いは国歌を作ったスプラプトマンのビオラ、ジャカルタの古代史           Tugu石碑碑文 こちらのマイ写真は肝心のTuguは部屋の隅で半分撮り忘れている。
Bangunan:935件:建物: これはすぐわかるがStruktur や Situs等にも混じっている。
Struktur:102件:構造物:橋梁、墓碑
Situs:309:史跡?:Candi、墓地、駅、カゼドラルも含む。
Kawasan:21:地域 名勝地?:サンギラン、モナス、プランバナン、聖パンチャシラ公園、ボロブドル、マジャパヒット(Trowulan)、オンラスト島、クラトン等  
Sangiran_timthumb

サンギランと言えばジャワ原人の故郷であるが借用写真では何かわかるかな


20170924
マップを付けたがこれをクリックすると詳細ペイジに出ればいいのだが、名前だけが浮き出るだけでそれもジャカルタはほんの5ケ所である。1400あるという100頁強をめくりながら愚直にリストを作っていくしかない。 多分まだ政府も製作中の事だろうからその努力を多とするが、日本でも新しい観光サイトは政府がやるよりむしろ民間のそれも、海外からの観光客が作っている現実を思い出す。


|

« Raffles Squareにもっと期待 | トップページ | ニュース続発:喜怒こもごも »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Raffles Squareにもっと期待 | トップページ | ニュース続発:喜怒こもごも »