« Merlynn Park Hotelの風貌 | トップページ | 初期のインドネシア共産党からも国家英雄 »

2017年10月 3日 (火)

Karanganyar のCandi Sukuh

Candisukuh2007
先日のCandi Cethoのすぐ近く、同じGn. Lawuの山麓でCethoより南西11kmにもCandiがある。 Candi Sukuhで、ここにもlingga と yoni. などの造作物が沢山あるようで論議を呼んでいる。 主座の形も南米の遺蹟のようである。発見は1815年ラッフルズ時代で現地の理事官はラッフルズの著作の為に諸データを送っている。
Images
彫り物の写真でどれを選ぶかは迷うがインドネシア情報局の紹介記事「スクー寺院 Candi Sukuh 再び」からお借りした。
このLawu山のCandiは先般の財務省の建物の名前となっているSutikno Slamet大臣の誕生地から行き当たったがこの山の山麓の東ジャワにはこれも大分前にブログしたSarangan避暑地があった。Lawu山は州境にあるが山頂の関係か中部ジャワになる。


|

« Merlynn Park Hotelの風貌 | トップページ | 初期のインドネシア共産党からも国家英雄 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Merlynn Park Hotelの風貌 | トップページ | 初期のインドネシア共産党からも国家英雄 »