« Bobbie Owens Haggardの伝説 | トップページ | 租税特赦未申告純資産の課税 税務紛争と税務裁判所について »

2017年10月26日 (木)

戻らないスナヤン・ファミリーレクレーション

90年代のノスタルジャーの一つのTaman Ria Senayanには何度も行ったことがあるが その昔は80年代だったような気もする程遥か彼方である。小生のお気に入りだった所なので連れて行った知り合い友達一人一人の思い出がある。最初に行った頃は、ここの大きな湖で多くの人が釣りに来ていたし、そこは緑の丘陵であったので市民の散策地の時代であった。

00_taman_ria_senayan_2

その後Kafeやレストランが林立するようになり、半分中途半端な感じがある中、湖上に浮かぶ船上レストラン、
00_cafe_taman_ria

オランダ人?経営のガーデンパブ、ビリヤード酒場、或いはアメリカのステ-キハウスなど立派なものも多かった。それはスナヤン競技場のあるゲルバン・プムダ通りの入り口側で、
Pulau_dua_s_parman_aug_16_1

ガットットスブロト側からの入り口からは今も経営しているプラウ・ドゥアという広いガーデンの中のシーフード中華レストラン棟が並び或いは韓国料理の店等大きなレストラン数軒が湖上に張り出すように並んでいた。そしてこの二つのレストラン地区の間は大きな観覧車、ジェットコースター、3D劇場などの大人の有料遊園地であった。
57c22e9bf2c54700a5a3a92b4737b855_16
これだけの施設があったのであるが、記憶では徐々に寂れた気もするし一夜にして無くなってしまった記憶もある。一時DPR/MPR の拡張のため使われるとニュースがあり、観念したが長い長い囲いの目隠しの中ですべてが破壊された後また放置されたたままである。最新ではやはりDPRの議員宿舎を建てるのが本命になっているようだ。
元々この地はスカルノ時代にアジアンゲームの前後に政府の物になった後、いくつかの第三者に賃貸されたがゴルカールやスハルトファミリーとも絡んでいたようだ。2010年頃Ariobimoグループと言うDeveloperがLippoをオペレーターにしたMall建設する話だったようだが、緑の都市を標榜するジャカルタの緑地保護のため商業用地には認めない方針をバックに政治が勝ったのであろうか。 


|

« Bobbie Owens Haggardの伝説 | トップページ | 租税特赦未申告純資産の課税 税務紛争と税務裁判所について »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Bobbie Owens Haggardの伝説 | トップページ | 租税特赦未申告純資産の課税 税務紛争と税務裁判所について »