« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月の投稿

2017年11月30日 (木)

老いの空想は実現不可能

昨年夏の四十肩が完治しないまま、ついに腱鞘炎になってしまった。キャノワードから考えると将にx十年の酷使の結果である。少し労わるためブログよりか、例えばグーグルなどでパソコン使用が少ない、ツイートをやっている。その中の老いの空想のいくつかは:

大相撲改革 裸を美しく見せる伝統武技  ー> 歌舞伎と同じ方向へ
 土俵入りの美を競う、+安全スポーツ化(頭突きと張り手を禁止)序でに押引き無しの投げだけ(土俵落としは危険)
Imagestic7nlo8

空中飛行:地球の引力を絶つには太陽の引力を利用できる
個人用小型装置は出来ないだろうか ドローンの利用も未だ未だであきらめた。
Dwsjakartancicdwingshapegaruda350_2
地震や豪雨の土砂流は一挙に二つの対策 危険山地を均し高原化と埋め立て
 国土改造省と国土防衛団への名前と任務の変更要
太平洋に太陽光パネル 重くても容器状で浮くか 発電と台風の制御

| | コメント (0)

2017年11月27日 (月)

ジャカルタのデパートなどの閉鎖ニュース

今日のニュースは書きにくい。7-Elevenの閉鎖に続き多くの店の閉鎖が続いている。
00senayan_city_2017
ランダムに上げるとLotus デパート、 Debenhamデパート、 マタハリデパート パサラヤB-M店、 マタハリ パサラヤマンガライ店、 アングレック店などマタハリは3店、米系GAP、アレクシス・ホテル ダイヤモンド・ディスコテークである。


20171119_3
最後の二つは似たようなものであるがずっと前に ブログしたマリオボロ ホテルが閉鎖された流れであるが、市政府の思惑とは逆にジャカルタは既に犯罪都市の暗い街になってしまったかと錯覚しそうだ。
この閉鎖の店の中でパサラヤの名前が出たので最初はびっくりしたが、それはパサラヤデパート自身でなくそこに入居している衣料専門の百貨店マタハリであった。 
パサラヤブロックMは地下フードセンター街に知り合いが出店したこともあり、また日本に帰国の手土産などでよく来たものだ。マンガライ店はアパートからも近く、やはり地下の風情あるレストラン街は利用したものだ。 
新しいものが出来ないまま古いのが捨てられているのは煩悩深き凡夫には心痛み、ジャカルタへの足も遠のくばかりとなる。 スナヤンシティのデパートはこの辺だったかな ダイヤモンドはgoogleならたどり着ける。

| | コメント (0)

2017年11月24日 (金)

バリは涅槃

Mulia Hotelが世界の優秀ホテルとして受賞したことでこのグループのジャカルタのビル群保有にスポットhttp://jakartan.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/muliaowner-2799.htmlを当てたがバリにはこのグループのホテルが3つ入っていた。そして今日偶々バリのリゾート/ビーチホテルのRanking15に出会ったがこの中に確かにこのホテルが6位、ザ ムリア The Mulia ヌサドゥア、7位 ムリア リゾート Mulia Resort ヌサドゥア、8位 ムリア ヴィラス Mulia Villas ヌサドゥアにランクインしていた。
Ayana_resort_bali_2
1 位はアヤナ リゾート&スパ バリ/ザ ヴィラズ アット アヤナ リゾート バリ AYANA Resort and Spa Bali ジンバラン
2 位がパドマ リゾート レギャン Padma Resort Legian レギャン
そして3位にRitz Carlton Bali、4位 Ayodia、5位 Grand Hyattと続くものでGaruda Orient Holidaysが作ったビーチ部門ランキングである。小生は1位と2位の名前に興味が湧いたのであるが1位のアヤナとは安息の地の意味であり、2位のPadomaとは紅蓮の意味の共にサンスクリット語であるからで、ついでに言うとGaruda Orient Hotidayのロゴは蓮の花ロータスでこれらは仏教に関連している。Padomaは以前からジャカルタの町で見掛けたが赤い蓮のイメージがあったが本当の仏教では「八寒地獄の七番目である紅蓮地獄である。深い意味に入るのは避けても紅蓮の炎も連想されるが、蓮は仏教では高貴の花である。KBBIにもBunga TerataiとかRafflesiaであるからあくまでも花である。
そのリストを更に見ているとなんと14位にパンパシフィック ニルワナ バリ リゾート Pan Pacific Nirwana Bali Resort があった。このニルワナこそ涅槃の意味である。Nirwanaとなるとバリだけでなくバンドンにもビンタンにもある。序だが4位のAyodyaはヒンズー教の古都の名前である。

アヤラのホテルの写真を借りて安息を味わおう。 こちらは屋上の星空バーのようだ。安息すぎると持って行かれそうになる。

Ayana_resort_bali_1

追:パドマは紅蓮だけでなく白蓮もあるようだ。チベット仏教の六字大明呪(オーンマニパドメフーン)の中のマニパドマーは観音菩薩の意味もある。

| | コメント (0)

2017年11月22日 (水)

e-Billing e-Faktur e-SPT


インドネシアも愈々納税含め色々とオンライン手続きでやらねばならなくなり、オンラインが趣味の世界でなくなってきた。というのは小生は日本でもe-Taxはパスワードなどの登録だけで拒否反応が出ているので、登録したり使ったりしたことはない。 インドネシアでは税務の分野だけでもe-Billing、e-filing e-faktur e-SPT、e-NPWPなどあり、まさに先進国である。そうなるとインドネシアに進出する日本企業の経営者もたいへんである。インターネットの世界のインドネシア語も又特殊分野となるのでこの勉強も必要となる。 大変だがいくつか思い付くのを挙げてみよう。
一番不可思議はwwwであるがこれは “waring", "wera", dan "wanua"らしいがジャワ語なのか、インドネシアの人も殆どの人が知らない単語で、今は. jejaring, jagat, dan jembar(ネットワーク、ユニバース、Jembar は不明ながらLembar枚、かな)jjjが提案されているようだ。

英語をそのまま使うこともしないので奇妙なものもある。
サイト:site=>situs
アカウント:account=>akun
となるがあとは適宜続編もあるつもりでいくつかあげる。
チャンネル:->saluran
ソフトウエア=>lunak
リンク=>tautan
オンライン=>Daring
ホームぺージ => Laman
ダウンロード=>Unduh
ホーム =>beranda
パスワード=>Kata sandi

| | コメント (0)

2017年11月21日 (火)

WESTINからASTONへ

Aryaduta Semanggiの名前には既にアストンという名雨は外れているが、それが外れた頃ラスナサイドにアストンホテルが出来た時と前後するのであろう。ラスナの17棟の一つをアストンが買収しホテルにしたのである。
20171105_4

小生は1998から2006年までここの棟No.15に 住んでいたが小生のアパートは5Fながら5Fにはプールがあり全棟をつなぐガーデンが広がっていた。窓からでもわざと外に出たものだがそこからブリッジでホテルとつながっており、ブリッジでの色々な屋台風レストは利用したがホテル自身はコーヒーしかなくつまらなかった。

現在は表のエピセントリック モールや従来からのパッサールフェスティバルもあり賑やかなようだ。しかし今ちょっと表のラスナ通りにはWestinもLuwangsaもあるので強敵だ。
00aston_marina_102

前後は知らないがその頃だろうか、アンチョールの入り口の左手に大きなアストンホテルが出来正面を湾岸高速が横切るのでいつもその威風にカメラを向けたものだ。

そしてこの地区の更に西のプルイットの方にもアストン(Aston Pluit)があることを知った。

| | コメント (0)

2017年11月16日 (木)

美しいマンダリカの国宝


インドネシアの観光省のホーム頁に国レベルの文化遺産が紹介されている。全体で102件程度でこれは現在1400件程度のCagar BUDAYAから選定されたものでいわば国宝である。何げなく見ていると先月ブログした観光経済特区マンダリカの近くにあったナルマダ公園Taman Narmadaというのが興味を引いた。

Wisatatamannarmadalombok
ここは19世紀ロンボックの王様の休息の場所でまたヒンズーのお祈りを行う場所で本来なら聖なる?リンジャニ山で行うべきものを、近くで行うために作られたもののようで、大きなプールもあり市民に自由に公開されている。

ここの湖の水で顔を洗うと若さを維持できると言われているそうだが古さと言い、文化度と言い国宝にするほどの物はないと感じた。 

Mandalikalombok564x400expatbiz

また水をかけたがこの近くにはヒンズーの神殿はSuranadiやLingsarなどと立派なものが多い。 小生には国宝クラスの意義が理解できてないだけの話である。マンダリカの位置をはっきり示してなかったがマンダリカはNTB州の州都マタラム市(ロンボク島)の東の端でここから更に東に5km程度でナルマダパークである。マンダリカは多分区で言えばSandubayaの方が地図には出ている。大きなターミナル、大通りの両サイドの住宅兼用店舗の並びは出来ているがマンダリケそのものには余り興味は引かないもののマタラム自体は西にスンギギ・ビーチ、東にリンジャニ山、街区は碁盤上の地区が彼方此方に開発され 西(マタラム・リンジャニから東(ナルマダ・パーク)に中心道路が走っている。
68278465520160330060701_2
ヒンズー王国はオランダの武力侵略に玉砕したためここはヒンズーの遺蹟は残ったが住民の9割はムスリムなのである。  ところでここには Kevinさんに続く美人も多いようだ。

030515_0827_aprincesspa2


| | コメント (0)

2017年11月13日 (月)

今年の国家英雄の怪

昨日の国家英雄の日、今年も新しい国家英雄が4人も出来た。昨年は一人だったが今年は見知らぬ人ばかりなので又勉強しなければならない。報道でも伝記はほんの少ししかでていないし、一人は候補者のまま出てきているので5人になるのであろうか
Images4mghn9ma
TGKH Muhammad Zainuddin Abdul Madjid
1898年8月5日、NTB 州 東ロンボク生まれ。1997年没。 ナフダトゥールの寄宿舎NWDIとNBDIを対オランダとの戦争の拠点とする戦法をとり、それは日本が上陸した時も同じであった。日本軍は何度もこの寄宿舎閉鎖と解散の為に彼を召喚した。
Admiral Malahayati
マラハヤティはアチェの女性戦士で父親はMahmoud Shah という提督でした。オランダが最初にインドネシアに現れた時の話で彼女は2000人の 戦死した兵士の寡婦を指導しオランダとの戦争に臨み、ついには1599年9月11日のオランダ船のデッキで1対1の戦いでコルネリス・デ・ホウトマン司令官を殺害に成功した。
それにより彼女は提督の称号を得た。
Sultan Mahmud Riayat Syah
2歳の時リアウのスルタンとなり26歳の時首都をLiggaに移しジョホールなどバハン王国を築き最高指導者として対オランダと戦い更にはジャンビ、アサハン、セランゴール、インドラギリ、 トレンガーノとも結婚なども通じてマレー族とブギス族との間に「忠実な宣誓」を交わし強力な侵略者と対抗したとあった。
他の報道ではMahmud Marzuki (1915-1946) なる人が選ばれていた。 彼はイスラム同盟(Sarikat Islam, SI)の創設の一人である。 
Prof.H Lafran Pane
1922年2月5日にPadang Sidempuan生まれ。1991年没。 1947年2月5日にイスラム学生連盟(HMI)を創設し政治学者としても、インドネシアにおける青年運動の成長に貢献した。

以上4人で今年累計は173名となる。SIの人よりSyahとする報道はKompas,Antara ,Pikiran Rakyat,Liptan、Okezoneである。真偽を正すのも時間のロス故、このまま放置するが、名前が似てるのでこれは歴史の再発見なのであろうか。

| | コメント (0)

2017年11月10日 (金)

北京 紫禁城

トランプ大統領が訪問した故宮の全景をテレビで初めて見た。 上からの鳥瞰した風景なので圧倒されるがもっと見たかったけどTVはすぐストップした。それならとGoogleで上から見ようと思って見ることにした。

Img093a
実はここには天安門事件のあと来ることがあった。わざと貧しいふりをして誰か田舎の観光客に撮って貰ったり、端からから端まで歩いた記憶がある。 

Forbidden_city_0
しかし天安門やその広場、紫禁城、故宮博物館 などなどGoogleの地図には場所が現れるのであるが架空の道路がめぐらされ写真を邪魔するし、画像がズレているようで紫禁城が天安門の北でなく 北東の城外にあったりで、ちんぷんかんぷんであった。
183977615
それで思い出したのだがGoogleは昔、中国政府と折り合いが悪く追放されたことがあり今もそのままのようである。何とか別のMapがあって位置関係は確認できたし、空中写真もここに借用出来た通りであるが、多分中国は自らそのようなソフトを作っているのかもしれない。


00_dsc_000001_3b
微博とか微笑とかいう記憶で間違ったソフト名(本当は百度だろうか)を見たし、日本においてすら町で微信(中国版Facebookか)を見たことがある所を見ると着々世界トップへ走っているのであろうか。
日本TVの負けずきらいが日本の道を危うくする気配が大である。


| | コメント (0)

2017年11月 8日 (水)

ジャカルタ アンバサダー・ホテル

嘗てのジャカルタ トップのアルヤドゥタ ホテルについては少し混乱したが今は落ち着いてプラパタンとスマンギ及びリッポー・カラワティにAryadutaの名前で雄姿を見せている。
Kwitang_wahid_044
あのリッポーが買収したのであろうが何か古臭い名前を継続したのは由緒があるからだろう。混乱したというのは一時Hyattやアストンの名前も使っていたような記憶があるからだ。AryadutaとはAmbassadorの意味なので由緒があるのであるが、なんとこのホテルがオープンした1974年の最初の名前がまさに由緒あるアンバサダーであったからでもある。時はスハルトが着々基盤を強化している時代でジャカルタを起爆に経済を軌道に乗せるため、時のありサディキンジャカルタ市長は色々と整備しその一つがホテルやコンベンションホールであった。ここに独立宣言時代からの盟友 大ジャーナリスト B.M.Diah(ムルデカ誌やIndonesian Observer誌)夫妻に事業をおこさせたのである。
現在はこのPrapatan通りは変わってJl. Prajurit KKO Usman & Harun 44-48となったことは先日も何かで触れた通りであるが、あの農夫の英雄の出征の像(Tugu Hero)がある所である。
アンバサダーの名前は1976年迄でその後は Hyatt Aryaduta そして 1990年にAryaduta Jakartaと変更した。 それは1986年に115増の325室に拡張し5-Starのレーティングを得た後である。
Hyattとは現在も継続しているような表現も見当たるが、これは見えなくなったのはGrand Hyattが出来た頃だったであろうか。しかし90年代もここが気に入ってここを使った時代があるがそれはここに当時、どこにも代えられない焼肉レストラン島があったからであり、ここのゴールデンルームでパーティも開かれるし、バーも良かった。 


4

混乱の一つアストンと言うのはここではなくAryaduta Semanggiの事である。ここは最初アパートとして建設されていたのをホテルに変えたが3LDKが普通のホテル料金で泊まれたので、特別料金先に指定してもらって、友人にも紹介したものだ。イタリア料理店も名門だったし、確か日本のカラオケもあったが、その他の多くのショップ・レストランとも少し時代が早すぎたようで、足も遠のいていたことを思いだす。

| | コメント (0)

2017年11月 7日 (火)

パティンバン港プロジェクト進捗

日本とインドネシアの運輸省次官級会議が開かれたそうでインドネシア政府はパティンバン港は大統領規則2017年第58号及び2018年第3号で国家戦略として決定しており、会議では合意されたスケジュールに基づき加速化の為種々議論された。
パティンバン港開発計画は3段階に分かれており、特に第1段階は更に2フェーズに分かれている。
第1段階フェース1 では、全体で4,320mの埠頭の中で300mの車両ターミナル420 x 35mのコンテナターミナル、水深で-10m LWSの水深を持つ埠頭を建設する。コンテナーターミナルはキャパ24万TEUの35ヘクタールになる。
フェーズ2では車両ターミナルは690mに延長、コンテナーターミナルは1740x35となる。この段階の水深は-14 m LWS、コンテナーターミナルの広さは66haとなる。

Img20171102wa0013o

記念写真は会議場で取られたので暗く一部は照明乱射があり残念だが小生のカメラでは少し緩和できた。

after
Img20171102wa0013b

カメラはXPeria、このカメラは実際は撮った写真が一枚ずつフォルダーに入ったりしてパソコンに移動するのに往生するカメラであるがこれだけはまぁまぁだ。

| | コメント (0)

2017年11月 6日 (月)

10月投資環境:世界ランキング72位に躍進?:ニュースはミニ化

ちなみに:ジャカルタ訪問・通勤・輸送ニュースで
10/3 空港鉄道(マンガライ~スカルノハッタ空港)の試験運行、正式開通は11/25
10/8 首都圏コミューター鉄道がチカラン駅まで延びた。
10/9 レンタカーのオペレーション範囲を自動車番号証管轄地に限定:
10/9 ジャカルタ~スラバヤ高速鉄道、既存路線の改良で来年着工、4年で完成:
10/10 高速料金非現金化で、公共事業相が解雇回避を呼びかけ。
10/16 チカンペック高速で大型トラックの通行規制、通勤バス専用レーン試行も
10/24 国営鉄道KAI、長距離線でe-ボーディングパス開始。
10/30 カラワン~チレボン間高速値上げ、乗用車9.6万ルピア→10.2万ルピア。
10/31 ガルーダ航空、ジャカルタ~ロンドン直行便就航、週3往復、所要15時間。
物流関連ニュースもわんさ:Inaportnet港湾サービス電子ポータル、三井造船バタム・コンテナ荷役用クレーン製造、川西倉庫冷凍倉庫、三菱ロジス、配送センター開所、大和ハウス工業MM2100物流施設、セイノー冷凍輸送、NNR RPXグローバルロジスティクス、郵船ロジス、ハラル認証オペレーション、ガルーダ貨物サービス・センター民間提携等


記録に:
10/16 ヤマハ、新型スクーター「ミオS」発売、125cc、1,575万ルピア。負けるな
10/17 東京ガス、ガス配給会社パンジ・ラヤ・アラミンド33%取得、約42億円。
10/20 好調で1~9月の重機生産4,036台、前年通年量さえ9.73%上回る。やっと
10/24 クラカタウ・スチール、チレゴン工場に第2熱間圧延建設中、投資4.6億Rp
10/11 ハラル製品認証庁(BPJPH)設立、MUIのハラル認証は政府に移る。
10/19 インフラ整備目指した建設労働者の認証加速化、今年3万人の認証済へ。
10/24 大衆団体法改正案が国会で可決、政府に団体解散の権限。
10/27 脱過激化通じ3年間で999人更生:政治法務治安調整相。
10/30 ビマでイスラム過激派メンバーと警察が銃撃戦、2人射殺された。

| | コメント (0)

2017年11月 3日 (金)

ジャカルタ5-Starホテルの面々

米系ランキングでベストホテルの仲間に4年連続で入ったMulia ホテルであるが料金を見てみると\25,000がらみである。ジャカルタで料金トップがどこかが気になったので色々見てみたが、これはそれほど明確にランクできるものではないが、
Westin
ジャカルタでHighest BuildingとなったGama ビルのWestinホテル(ウェスティン ラスナでブログ済)が一番ではないかと想像したが此方は18,000円台でそれほどでもない、とも思ったが小生はそうそう使えるものではない。

00fairmonto_nov16_13
このMuliaの25,000円がらみがジャカルタのトップクラスで今や多くのホテルがある。例えばFairmont、Grand Hyatt、Keraton at the Plaza、Four Season、リノベしたMandarin

00the_litz_pb260082

そしてそ上が別格になるのであろうがPacific PlaceのLitzが32,000や


00ruffles_lotte_world22mar15_32


Raffles 29,000-57000 

そして

Darmawangsa 34,000-97,000としておこうか。
00darmawangsa_ura_jan08_002


18,000近辺は2万台に乗るのも含め15,000迄でずらり、先の25,000円がらみと微妙に絡むかもしれないがKempinski、Sangri-la、Litz Mega Keningan、Elmitage、Marriott、Sheraton Gandaria、Ayana Midplaza、Pullman 16,000、Oakwood 15000….
その後Double Tree、や旧日航のPullmanなどが1万円強であるが、嘗ての90年までのトップHillton(現Sultan)やAryadutaは1万を切る所にある。以上漏れも幅もある話である。 さてどこにしようか。ラッフルズが会社に一番近いのだが。

| | コメント (0)

2017年11月 2日 (木)

Hatimu Hatiku  Somewhere Between 

10月25日のブログ「Bobbie Owens Haggardの伝説」でSomewhere Between という曲も彼らは歌っていたと書いたが、それをここに再現して見よう。

https://www.youtube.com/watch?v=__QRZCaLJCg
まずは作曲したと思われるHaggardは1968年である。一緒に歌った人はだれかとコメント欄をさがすとBonnieと出ている。しかしBonnieは1967年に歌っているレコードがある。パートナーは女性であるのでソロに近いがバックはHaggardのバンドのようだから翌年の二人のDuetの前に彼女に歌ってもらったのかも知れない。そしてBuck OwensはSusan RayaとDuetで歌っている。 Hee-Hawとしか出てないので年代は70年前後1年の間である。
Boggus_haggard
その後多くのcoverがあるが1975年のTumbleweedと1989年のSuzy Boguss(写真はそのTV画像で相手はHaggard)がある。その他小生に取ってはまがいものの映画もあったようだが、侮れないのはインドネシアのカバーである。これはインドネシア人ならだれもが知っているHatimu Hatiku である。日本人も好きな言葉になっているのではないでしょうか 歌手も大物のTitiek Sandhora&Muchsin Alatasであった。本当を言うとDVDが出る前の方が小生は好きで画像は目障りながら歌うことが多い。出だしの歌詞だけでも記録しておこう。
Betapa sayangku engkaupun tahu、Sehingga kaupun begitu、Namun sayang adalah sesuatu、Antara engkau dan aku、Diantara hatimu hatiku、Terbentang dinding yang tinggi、Tak satu jua jendela disana
Agar ku memandangmu ついでに本曲の方は
Somewhere between your heart and mine
There's a window that I can't see through
There's a wall so high it reaches the sky
Somewhere between me and you …

追:まだ大物がいた。多分1973年頃と思われるが Dolly Pertonと Porter Wagonerである。(Nov.16)

| | コメント (0)

2017年11月 1日 (水)

MULIAホテルのOwner

ジャカルタのホテルの続きでニュースがある。2017年世界のホテルのコンテストで、インドネシアのムリア・グループの二つのホテルがランクインしたそうだ。
00mulia
ホテルはジャカルタのホテル ムリア スナヤン と ザ・ムリア、ムリア リゾート&ヴィラス - ヌサドゥア、 バリで世界のベストホテル&リゾート賞である。ムリア・ジャカルタはもう相当古く1997年オープンで、小生は宿ったことはないがそこの寿司亭 江戸銀やクラブ風CJ Barを利用したことはあるので、その感じはなかったが最上階のザ・スイートが豪華さで別格なのであろう。

Mulia_dsc_0497

これらのホテルはMuliaグループが保有しており、創業はTjandra Kusuma親子による1970年、現在の保有不動産はオフイスブル Wisma Muliaf、 Menara Mulia、Wisma GKBI、Gedung BRI II、 Menara Mulia Plaza 89、Plaza Kuningan, そしてアパートTaman Anggrekなどそうそうたるものがある。昨今ではあのThe EXCHANGE 106 (その前は “Signature Tower”と言う名前)も手掛けるそうだが創業者の一人は金融危機後の政府救済BLBI資金で当時バリ銀行事件と言われたケースで訴追され長い訴訟の間に釈放されたが2009年の再審となった時彼は呼び出しに従わず逃亡者となった。彼はパプアニューギニア国籍を取りポートモレスビーに住んでいるようで昨今も医者の証明もありPNG国内に療養しているようだ。
父も没しており、3男のEka Tjandranegaraが代表し継いでおり、彼は何年か前、資産$635 millionで世界の富豪にランクしている。このホテルグループは名前に冠することでbeneficial ownerを明らかにしている。

| | コメント (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »