« ジャカルタ ホテル・ランクとBeneficial Owner | トップページ | Hatimu Hatiku  Somewhere Between  »

2017年11月 1日 (水)

MULIAホテルのOwner

ジャカルタのホテルの続きでニュースがある。2017年世界のホテルのコンテストで、インドネシアのムリア・グループの二つのホテルがランクインしたそうだ。
00mulia
ホテルはジャカルタのホテル ムリア スナヤン と ザ・ムリア、ムリア リゾート&ヴィラス - ヌサドゥア、 バリで世界のベストホテル&リゾート賞である。ムリア・ジャカルタはもう相当古く1997年オープンで、小生は宿ったことはないがそこの寿司亭 江戸銀やクラブ風CJ Barを利用したことはあるので、その感じはなかったが最上階のザ・スイートが豪華さで別格なのであろう。

Mulia_dsc_0497

これらのホテルはMuliaグループが保有しており、創業はTjandra Kusuma親子による1970年、現在の保有不動産はオフイスブル Wisma Muliaf、 Menara Mulia、Wisma GKBI、Gedung BRI II、 Menara Mulia Plaza 89、Plaza Kuningan, そしてアパートTaman Anggrekなどそうそうたるものがある。昨今ではあのThe EXCHANGE 106 (その前は “Signature Tower”と言う名前)も手掛けるそうだが創業者の一人は金融危機後の政府救済BLBI資金で当時バリ銀行事件と言われたケースで訴追され長い訴訟の間に釈放されたが2009年の再審となった時彼は呼び出しに従わず逃亡者となった。彼はパプアニューギニア国籍を取りポートモレスビーに住んでいるようで昨今も医者の証明もありPNG国内に療養しているようだ。
父も没しており、3男のEka Tjandranegaraが代表し継いでおり、彼は何年か前、資産$635 millionで世界の富豪にランクしている。このホテルグループは名前に冠することでbeneficial ownerを明らかにしている。

|

« ジャカルタ ホテル・ランクとBeneficial Owner | トップページ | Hatimu Hatiku  Somewhere Between  »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャカルタ ホテル・ランクとBeneficial Owner | トップページ | Hatimu Hatiku  Somewhere Between  »