« バリは涅槃 | トップページ | 老いの空想は実現不可能 »

2017年11月27日 (月)

ジャカルタのデパートなどの閉鎖ニュース

今日のニュースは書きにくい。7-Elevenの閉鎖に続き多くの店の閉鎖が続いている。
00senayan_city_2017
ランダムに上げるとLotus デパート、 Debenhamデパート、 マタハリデパート パサラヤB-M店、 マタハリ パサラヤマンガライ店、 アングレック店などマタハリは3店、米系GAP、アレクシス・ホテル ダイヤモンド・ディスコテークである。


20171119_3
最後の二つは似たようなものであるがずっと前に ブログしたマリオボロ ホテルが閉鎖された流れであるが、市政府の思惑とは逆にジャカルタは既に犯罪都市の暗い街になってしまったかと錯覚しそうだ。
この閉鎖の店の中でパサラヤの名前が出たので最初はびっくりしたが、それはパサラヤデパート自身でなくそこに入居している衣料専門の百貨店マタハリであった。 
パサラヤブロックMは地下フードセンター街に知り合いが出店したこともあり、また日本に帰国の手土産などでよく来たものだ。マンガライ店はアパートからも近く、やはり地下の風情あるレストラン街は利用したものだ。 
新しいものが出来ないまま古いのが捨てられているのは煩悩深き凡夫には心痛み、ジャカルタへの足も遠のくばかりとなる。 スナヤンシティのデパートはこの辺だったかな ダイヤモンドはgoogleならたどり着ける。

|

« バリは涅槃 | トップページ | 老いの空想は実現不可能 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バリは涅槃 | トップページ | 老いの空想は実現不可能 »